スタッフブログ

2019.01.29  組合講演会

 岩手県から健康科学博士をお招きしての講演会

100名以上の方が、ケガの予防・子供のスポーツ障害について耳を傾けていただきました!

FB_IMG_1548740555702.jpg  

腰の前屈が出来ない方の姿勢を分析。

姿勢を変えることで体の動きが変わる。

「おおー」という どよめき。

FB_IMG_1548740550170.jpg  

腰が痛いから腰を施術するのではなく、姿勢を調整するんです。

 

あなたの身近の人たちに、「正しい姿勢」「正しい知識」を届けたいと思ったら

私たちからではなく、「あなた」からではないと届きません。

今、本物の正しい知識と技術を広げる担い手が足りません!

 

あなたの大切な人を守るために、姿勢調整の技術を持ってみませんか?

プロアマ問わず技術を習う人、募集しています。

 

1548663174455.jpg

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2018.11.12  中一野球少年 腰痛

「お尻が痛くて、仰向けで寝られません!
電車で立っていてもお尻が痛くて!!」
お母さんと共に来院した大学生男子。
整形外科でレントゲンを撮ったが、原因なし。
そこで、県内の大学病院の内科に回され、結果待ち。

なんてこと!!
本当に最近こういうことがたくさんありすぎて、
病院の悪口は言いたくないけれど、
あまりにも、お粗末すぎて、悲しくなる。

男子学生を仰向けに寝かせると、たしかに痛いー!
SLRテスト  を行うと
陰性だが、お尻が痛い。
立った状態で指示前屈させると、全く前屈できない状態。
間違いなく、関節可動域がなくなってる状態。
仙腸関節も動かない。
頭は立位で、前方にあり、出尻姿勢。
 
首の歪みをとることで、頭の位置が正常になり、
仙腸関節を動かすことで、出尻状態が改善し、
仰向けで寝れるー!
足あげても痛くないー!
 良かった良かった!!
何か痛みや不調があった時に、
病院に行けば解決する!と思いがちですが、
病院は、病気になったものを、よくするところ。
つまり、全ての痛みや違和感などが、病気ではないために、病院のたらい回しで分からないことがあるんです。
この男子のケースは、痛みを敏感に感じすぎでしょう!という診断だったとのこと。
なんてことだ!!!
もう少しで、心療内科に回されるとこだった!!

なんとか、姿勢調整の方に来てくれてホントよかった!!

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2018.10.10  分離症の疑い 中学1年男子

中学1年 野球少年
バットを振れないくらいの強い腰痛
整形外科で レントゲン、MRI検査結果後診断

「分離症ではないけど、分離症の疑いがある」

そんなかなり不透明な診断を下され、不安の中当センターに少年とともにご両親が来られました。

姿勢分析したところ
1.頚椎が身体より、前傾しているために、腰への負荷が大きい
2.頚椎の前弯か消失しているため、さらに腰への負担が大きい
3.まっすぐ立った時、すでに身体がねじれている

主に3つの点を改善したところ、
少年は
あ!腰痛くない!動く!!!

お父さん、お母さん、ここにたどり着いてくれて
ありがとうございます!
少年はただの姿勢の悪化を放置したために、
強い腰痛を起こしていたのでした。
運動不足ではないのです。運動はしすぎなくらいですから。

でも、最近よく思うのは
小さな頃から同じスポーツをやり続けるために、
筋肉のつき方が偏り、
姿勢のアンバランスを招いているのでは?と。

最近ではサッカーW杯の侍ジャパンには
胸を熱くさせられました。
サッカー少年たちもきっと、ワールドカップに出たい!世界で活躍したい!日本代表になりたい!
と頑張ってることでしょう。

お子さんのスポーツを応援する、具体的な方法に
姿勢育成!!  これがホントに大事なんです!
練習しまくっても、強くなっても、
ケガをしたら、ダメなんです。
お子さんを強くしたかったら
早めの姿勢チェック、姿勢ケア!!
と思うのです(^^)

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2017.09.11  睡眠は量より質

いつも眠い

 

寝た気がしない

 

昼間に強い眠気を感じる

 

身体がだるい

 

などの睡眠の悩み・疲れが取れないなどの自律神経の悩みを抱えている方が多くみえます。

 

また、睡眠時無呼吸症候群などと診断を受けている方も多いと思います。(睡眠時に無呼吸、低呼吸になる状態が10秒以上ある状態)。睡眠中に呼吸が止まったことは本人は全く覚えていませんが、上記のような状態を感じる方は要注意。

 

最近では睡眠外来などの専門医もいらっしゃいますが、姿勢科学の観点からみると脳の酸欠を起こす理由に、首の歪み・つまりは姿勢の歪みが考えられます。

首の歪み つまり姿勢の歪みを改善したことで、ぐっすり眠れる・昼間の眠気がなくなったという方も多くいらっしゃいます。

 

良質の睡眠を得るにはまず根本から。あなたの姿勢をチェックしてみませんか?

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2017.02.12  組合講演会、大好評に終わりました!

 伊佐先生をお招きしての組合講演会 「ケガをしない本当の身体つくり」 無事に終わりました!

短い時間ではありましたが、パラリンピックの裏話や ならではのケアの仕方など、非常に濃い講演会でした(o^―^o)

  伊佐先生講演会3.jpg

やはり印象に残ったのは子供たちの身体をいかに守るのか。

痛みなく知らないうちに体を壊している子供たちがいかに多いことか・・・

伊佐先生講演会2.jpg

去年から始まった運動器検診での動きの検査をみなさんでチェックしています。

やっぱり自分でチェックできた方がいいですよね!

知っておくと役立つこと、知らないと怖いこと。 自分・家族・友達・恋人。大事な人の身体を守れるってすごいですね(^▽^)

 

 学校で・サークルで・職場で・地域の集まりで姿勢

講演会、授業をしてみませんか?

 

KCSセンターいなべでは、講座依頼を随時受け付けております。  去年から各学校で始まった、運動器検診の相談も受け付けておりますので、気になる方はお電話くださいね^^

 

KCSセンターいなべ 0594-84-0588

伊佐先生講演会.jpg

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2017.01.23  妊娠6か月の患者さんも姿勢ケアしてます

本日来店された、妊娠6か月のお客様。妊娠されるずーっと前から姿勢の定期ケアにみえています。

妊娠5か月目くらいからお腹が大きく目立つようになってきました!(o^―^o)

 

妊婦さんや産後のお母さんは お腹の為や赤ちゃんの為など 横向きにしか睡眠がとれない方が多いため、姿勢の負担はかなり大きいです。なので妊婦さんや産後のお母さんはきちんとした姿勢ケアが必要です。

また、妊婦さんが抱える多くの症状として 腰痛や便秘・下痢などの困りごとがありますが、妊婦さんは基本的に薬を出してもらえません。しかし、腰痛や下痢・便秘などの症状にも姿勢のケアはとっても有効です。

 

妊活中・妊娠中・子育て中の方、姿勢のケアで大切な身体を守りませんか?

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2017.01.11  センター試験直前!試験前に知ってほしいこと

さて、今回は試験には欠かせない集中力と姿勢のお話。

 

本日来店の高校生の女の子。なんとセンター試験を3日後に控えておりました。

連日連夜、勉強勉強。 肩も凝るし頭痛もしてきて、ツラーイ!!勉強に集中できないよ・・とお母さんに連れられての来店です。

 

 長時間 同じ姿勢でいると肩も凝ります・頭痛もします。それは姿勢が悪くなるからです。

勉強時間も大切ですが、ただ勉強時間を増やすよりも集中できる身体にすることも、実は勉強にはとても大切です。

 

センター試験直前。受験生の皆さま・ご家族の方、集中力UPを秘訣を聞きに来ませんか?? 

質問や問い合わせはKCSセンターいなべ0594-84-0588までどうぞ^^

電話は営業時間 関係なく繋がります。 

 

受験生のみんな、ガンバレー! ♪ヽ(・∀・)ノ ♪

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2016.12.19  ケガをしない、本当の身体づくり

 ≪最新ケアの一端を学べる≫

2017年2月11日(土)、四日市市文化会館にて

 

『リオオリンピック・パラリンピックから学ぶ、ケガをしない身体づくり~未来にはばたく子供たちのために~』

講演会が当組合主催で開催されます。

 

リオオリンピック・パラリンピック医療チームとして帯同された伊佐先生をお招きし、選手のケアや調整など、テレビでは見ることのできないオリンピックの裏側の様子をお話ししていただきます。

 

  伊佐先生 組合.png

  伊佐先生 組合裏.png

また、当組合の代表理事でもあり、日本では数少ない健康科学の博士号を取得された田邉博士による、今からでも実施できるケアのコツなどもお話ししていただきます!

 

滅多にないチャンスです^^

この機会にしか聞けないことが盛りだくさん!!教育関係のお仕事やスポーツの指導など、子供たちと関わりのある方はぜひ!お越しください

申し込みはFAXまたはこちらから

席数に限りがありますので申し込みはお早めに

 

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2016.05.09  危険?ベビーマッサージに注意!

GWが終わりましたねヽ(*^^*)ノ 皆さまいかがお過ごしでしたか?私たちスタッフは毎月恒例、岡山研修に行ってまいりました。 ありがたいことに渋滞もなく、スムーズに帰ってくることができました!

 

さて、今回はよーく目にするベビーマッサージについてのお話です。

もう定番かのようにベビーマッサージ教室 ベビーマッサージのやり方を教える動画 ベビーマッサージ資格取得という情報があふれています。 ベビーマッサージは赤ちゃんとお母さんとの最高のスキンシップともいわれ、赤ちゃんとのコミュニケーションにひと役かっているようです。

 

しかしベビーマッサージが安易に広がる反面、実は赤ちゃんの身体を壊している事実があることを知っていましたか?

そのひとつが先天性股関節形成不全など、股関節のトラブルです。

 

赤ちゃんの股関節って実はまだ全然できてません。足の方 大腿骨とうの凸と骨盤の方 寛骨臼の凹がまだ出来ていないのです。

それがハイハイしたり歩行したりすることによって、徐々に徐々に大人のような凹凸の形になってきます。

 

しかし!!子どものころに 関節の凸部分が本来の正しい位置からズレてしまう、ハイハイの時期が短いなど 股関節を形成するのに不具合が起こると、そのまま大人に成長したとき股関節のトラブルが起きるのです。

そして関節の凸部分が本来の正しい位置からズレてしまうのは、ベビーマッサージで充分に起こってしまうのです)。゚(T^T)゚。

 

そんな強い力でやってないから私は大丈夫と思ったあなた。赤ちゃんのおむつ替えでもそれは起こる事があるというのをご存知ですか?そうなんです、そんな事でも?!なんです; ̄ロ ̄)!!

 

 赤ちゃんとのコミュニケーションはとても大事なことです。しかしこうしたベビーマッサージが世の中にあふれ、危険性を知らない人が(資格などをとっていても)これまた素人相手にマッサージを教える。なんて恐ろしい事だと思いませんか? L(゚□゚)」オーマイガ!

赤ちゃんの人生に関わります。詳しく知りたい方は、毎月行われている姿勢の勉強会に参加してみてはいかがでしょうか? 

 

 正しい知識を持つことはあなたとあなたの大切な人を守ります。

問い合わせ先  KCSセンターいなべ 0594-84-0588まで

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2016.04.15  子どもの姿勢を救え!!

 

「しゃがめない」

「片足立ちでふらふらになる」

「腕がまっすぐ上にあがらない」 

「前屈ができない」 

本来柔軟でしなやかに動くはずなのに、年配の方のような運動機能障害を抱える子ども達が後をたちません。

それに伴って全国の小中高の学校で運動器検診を受けることが必須となりました。

自宅で親さんが子ども達の動きをチェック、問題を早期発見するのに役立つと期待されています。

 

しかし、、、問題が見つかった場合、案内されるのは整形外科です。整形外科って・・・外科って手術が専門分野なんです。だから手術をしなければいけなくなるまでは様子見としか言われないんです。

 でもね、安心してください。問題は姿勢!!姿勢をよくする必要があるんです。気になる方はご連絡くださいね。

 

子どもの姿勢を守るため立ち上げた、三重★姿勢改善プロジェクトのホームページができました!!

姿勢のこと、あれこれ書いてあります。 

三重★子ども姿勢改善プロジェクト

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2016.04.12  女子禁断!姿勢の悪い男子部屋!

三重★子ども姿勢改善プロジェクト  後藤まい子です


インフルBのウィルスも、ようやく私の身体から抜けようとしております

ようやく、身体の痛みがなくなってきました

さて、そうなると  分かりやすいもので

一気に仕事モードに  身体が動き出したくなってしまうのです

息子部屋に行き

『悪い姿勢の見本撮るで、そのままー!!』

パシャリ

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.12.09  こどもPOT姿勢改善エクササイズ!!

毎回好評いただいている FMよっかいち協賛「姿勢改善エクササイズ」が今日開催され、親子で参加された方やママさんだけで参加された方など総勢24名ほどで姿勢についてお話をさせていただきました。

「子供の姿勢が気になって!!」

「私自身が姿勢が悪くて!」

と参加された理由はそれぞれなのですが、やはり共通して気になるとこは姿勢なんですね!

 

痛みがあるから参加されたわけではなく歪んでるかを見てもらいたくて、また姿勢を良くするためにはどうしたらいいか?産後からお腹がぽこっと出ているのが気になって。と相談を受けました。痛みがあるから・・・ではなくひどくならないために予防として正しい姿勢をしていくこと!これが一番大切なんですよ~ Embarassed

 

姿勢のお話の後、みんなで姿勢チェックをして姿勢改善エクササイズをして・・とワイワイガヤガヤとあっという間に1時間半たってしまいました。親子で健康でいるために家族みんなで「姿勢美人」を目指しましょう。 姿勢セラピスト川原

IMG_1518.JPG IMG_1529.JPG

 

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.10.12  うちの子、よく転ぶんです・・・

待望の女の子誕生!喜んだのも束の間・・・

 

この子なんで寝てても首が曲がっているのかな?

1ヶ月健診・3ヶ月健診で「異常なし」と言われても首はまだすわっていません。

7ヶ月健診異常なしと言われてもお座りができません。

10ヶ月健診・1歳健診 「異常なし」と言われても、どう見ても首が曲がっています。

 

この頃から曲がった首を診てもらうため、お医者さんをハシゴし始めましたが 小児科・整形外科どこでも異常なし!!

家族写真を撮りに行くとカメラマンに必ず娘の首の位置をなおしてと言われるのに、お医者さんは「異常なし」と言います。

 

2歳健診は総合病院へ連れて行きました。やっぱり「異常なし」。 お医者さんから「お母さん、何が心配なの?」と言われ病院のハシゴをやめました。

 

年長で斜視が発覚し、斜視のせいで首が曲がるんだ!!と納得。

しかし視力がだいぶ上がった頃 眼科医から 「これだけ良くなったらそんなに首を傾けなくてもいいはずなんだけど・・・」 と言われ、やっぱり首なのかな?と思いつつも、そのままどこへ行くのかもわからなくて放置していました。

 

小学校に入学し、歩いて学校を行き来するようになった頃からとにかくよく転び、階段から落ち・・・と足は青アザ、すり傷だらけになっても、よく転ぶドジな娘だと思っていました。

 

ふとしたキッカケから母親の私が基礎セミナーに参加。

知らない事だらけで恥ずかしいやらビックリするやらで、娘はKCSのお世話になることにしました。

姿勢分析を見てショックでした。首から足の先まで歪み、転んでも仕方のない体だったのです。

 

首を真っすぐに!と言われ続け、卑屈になっていた娘は 初めての治療の後鏡を見て「へー!真っすぐってこうなんだね!」と言いました。

治療を続け、今では全然転ばなくなり内気だった娘の性格まで明るくハキハキと変化しました。今娘は院長大好き!!KCSの大ファンです。

 

母親の私は自分で娘を治したくて学会技術セミナーに参加しました。

最初は娘を、家族を治したいだけだったのですが、この素晴らしい技術のを我が家だけにしまっておくのはもったいない!!と今はセラピストとして頑張っています。

私のように大事な我が子をなす術もなく放置してしまうお母さんを一人でも少なくしたいと日々努力しています。       セラピスト 鈴木藤子

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.08.04  しもやけとおさらば☆3歳児☆

こんにちは♪ 夏ですが、しもやけについて嬉しい情報がありましたので、皆様にもお伝えしたいと思います。

昨年(平成21年)1月に3歳児のママが手のしびれ・膝の内側の痛み・背部痛・首の痛み・慢性の肩こりがあり、ご来院されました。

 

その時にママについてきて、ママのそばを離れなかった3歳のK君。

ママが検査している間も涙があふれ、施術もなんとかさせていただくことができ・・・。という状態で1回目は終わり、2回目のママの施術の帰り際に、ようやくK君も慣れてくれて、遊べるようになりました。

そして、K君も診させていただくことになりました。なぜならば、K君の足が冷たくて しもやけが出来ていたからです。ママの情報によると、1年前~足が紫色になるくらいまで冷えて しもやけが出来ていました。ママは、「自分には、手であっためることと、市販のクリームをぬってあげることしかできないんです・・・。」とおっしゃっていました。

 

≪豆知識≫姿勢が崩れてくると、神経・血管を圧迫している可能性があります。神経が圧迫されると、痛みを感じてきます。血管が圧迫されると、血液の循環が正常に行われない場合があります。

そのため、手先や足先が冷たくなる場合があります。つまり、姿勢が悪いと しもやけが出来やすくなります。

※子供の場合は柔軟性があるため、痛いと感じることが少ない場合もあります。 痛みを発症する前に、その子自身の姿勢チェックは必要です。

 

K君を施術させていただいてから、しもやけはほとんどよくなっていったと思いきや、その後、またしもやけが復活!!なんてこともありましたが、気候もあったかくなり、その年のしもやけは去っていきました。 そして、ママもそんなに施術しなくなり、今年の夏(先月)に久しぶりにご来院されました。

ずっと気になっていたK君のしもやけはというと・・・今年(平成22年)の冬は、しもやけがなかったと!!しもやけとおさらばできたという情報をいただきました。あんなに冷たくてひどかったしもやけがなく冬を過ごせたことに嬉しくおもいました。

 

※子供さんの場合は成長していく途中のため、むやみに施術をすることはできません。施術といっても、ほとんどが生活習慣の指導が多い場合もあります。

歪みがある原因は、生活習慣が関わっていることがほとんどなので、その子自身の癖などを親さんに伝えたり、ご本人に伝えたり。正しいことを知って正しいことをやっていくことに重点をおいています。

 

お願いがあります。お子さんのしもやけ、よくころぶ、けがをしやすいなど、気になることがありましたら、お問合せいただけるとありがたいです。もしかして、姿勢の歪みによってのサインなのかもしれないからです。ご相談だけでも承っております。

 

その子が大人になって痛みで苦しまないようにしていきましょう! 渡辺

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.07.05  赤ちゃん誕生!!妊婦さんも姿勢調整

姿勢セラピスト 高城先生、第二子無事出産しました。7月2日16:35 3498g 50cm

 

第一子から12年たって第二子を授かりました。

2年前より姿勢療法を続けていて、体質や姿勢が変わってきたのを実感していた時に分かった妊娠。家族全員で大喜びしたそうです Embarassed

妊娠中も定期的にケアをしていたので妊婦の最大の悩みである腰痛や股関節痛に苦しむことなく妊娠8か月まで仕事を続けていました。

 

妊婦さんでも骨盤矯正や仙骨・腰椎の可動をケアしていたおかげか、お産時以前より楽だったそうです。妊婦さんならではの痛み、何とかしてほしい。悩んでいる妊婦さん!!気軽に当院にご相談ください。  セラピスト 川原

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.05.21  正座をするとダメ??

久しぶりのブログです。院長後藤でございます。

 

昨日、子供の幼稚園の役員会がありまして、自己紹介の場でまたまたでしゃばってしまいまして、反省・・・。というのも、やはり

 

子供の運動能力が低下している

子供の基礎体力が低下している

じっと座っていられない

 

などのお話を園長先生から伺ったものですから、やっぱり、放っておけない!!!と血が騒ぎ、姿勢をよくするための座り方などを役員のお母様方にお話させていただきました。

 

しかし、文章ではお伝えしにくいため、どんな座り方がいいのか?と興味をもたれましたら、姿勢の講演会を随時開催しております。お問合せくださいませ(^▽^)/

大切なお子様の身体の成長期にまちがった生活習慣をすることなく、健やかに成長されますように 心から願ってやみません。

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.04.29  Jr.誕生!2ヵ月の男の子です。

友人に子供が産まれました、めちゃ可愛い赤ちゃんです。

でも、まだ2カ月なのに、顔立ちがしっかりしているというかりりしい感じ。これからの成長も、将来も楽しみですね♪ お父さんファイト!!(^◇^)

 

奥さんもお邪魔した日に初めてお会いしましたがとても話しやすくて、ノリも良くて楽しかったです。またお話しましょうね!ps:いそず、奥さんとこう君を大切にして下さいね☆  写真角度悪くてごめんネ・・・(__)

ず.jpg

KCSいなべに来られているお客様の中にも妊婦さんがみえます。

お腹に赤ちゃんがいる、ということでどうしても良い姿勢でいるのが辛かったりします。お腹が前に出ているのですから、それは大変ですよね。

 

その姿勢のせいで腰痛や肩こりの症状が出る方もみえます。幸いにも私の友人の奥さんは肩こり腰痛などの困った症状はなかったようですが。

今、妊娠中の皆さん、体調はいかがですか??私たちがお役に立てることがきっとあると思っています、肩こりくらい、腰痛くらい誰でもあるから・・・そう思わずにどうぞご相談下さい。

頭痛になっても薬を服用できないですものね。もちろん、妊婦さんだけでなく、全国のお母さん、お困りの事はありませんか?肩こり腰痛頭痛など、辛い痛みにサヨナラしたくありませんか?

 

痛みのない、元気で楽しい毎日を過ごしましょう☆ CA森でした !(^^)!

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.04.26  めまい・頭痛・吐き気

セラピストの川原です。

 

私はKCSに巡り合うまで「めまい・頭痛・吐き気」悩まされ 朝・昼・晩365日鎮痛剤を飲み続け、あまりのめまい・頭痛・吐き気に 神経内科や心療内科、脳神経外科、耳鼻科 考えられるものすべての科を受診しました。

 

診断結果はすべて「異状なし」。

 

こんなにめまい・頭痛・吐き気に痛く苦しみ悩んでいるのにどこへ行っても助けてもらえず・・

ひどい時は倒れたまま半日以上動けず動けば嘔吐の繰り返し Cry もらう薬は安定剤と鎮痛剤。

鎮痛剤依存症になり飲まないと反対にめまい・頭痛・吐き気はひどくなりまた激痛の繰り返し。

 

そんなとき、後藤院長を紹介していただいてKCS センターいなべに来院しました。そこで聞いた衝撃の事実!!

 

わたしのめまいや頭痛の原因は

なっなんと!私の姿勢にありました!!!!

脳でも神経でもなく 私の姿勢・・・ 姿勢で頭痛が?めまいが?なんで?の疑問の嵐。

 

治療しながら最初は まためまい・頭痛・吐き気が怖くて鎮痛剤を併用していましたが姿勢調整を続けて数か月。鎮痛剤を飲まなくても生活ができるようになりました。

それからめまいや吐き気の間隔もあくようになり、今ではほとんど倒れることはなくなりました。 目からうろこの事実に私は助けられ今では鎮痛剤も飲まずに生活ができています。

 

同じように めまい・吐き気・頭痛の悩みを持つ人がたくさんいると思います。そんな皆さんにもっともっと姿勢の大切さを伝えていけたらと思い、姿勢セラピストとして活動しています。

 

身近に同じ悩みを持つ方にぜひぜひ教えてあげて下さいね。

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.04.25  演奏会・桑名西高等学校吹奏楽部の皆さん

演1.jpg 演2.jpg 演3.jpg チラシ.jpg

”No Music No Life”つくづく私にも当てはまるなぁ、と思いつつ・・・

今日は東員町のひばりホールにて、桑名西高の吹奏楽部の皆さんプラスOBの方々の演奏を聴く事ができました。

 

前回、ここにも書かさせていただきましたが、やはり吹奏楽っていいです、みんなの色々な”音”が混ざって一つの楽曲になる。一体感があって、迫力もあって。素晴らしく感動致しました。

それに・・・人差し指ならいざ知らず、どうしてあんなに器用に薬指や、小指が動くのかなーと驚きもありました。やはり練習のたまものですね。

 

一人で前方に出てきて演奏する、(ソロ演奏)というのも難なくこなして、なんともかっこいい限り。客席からは拍手!!

そういえば、みんなの演奏に合わせて先生が美しい歌声で2曲オペラを歌われました、透き通っていて伸びのある、本当にきれいな歌声でした、そしてさすがに姿勢がめちゃめちゃきれい。

 

あの声を出すには猫背ではねぇ・・・(-"-) さすがでした。 今回は演奏されている皆さん、全体を見たくて少し離れた所に座って聴かさせてもらったので、写真は小さくなってしまいました。すみません。 吹奏楽部の皆さん、素敵な演奏をありがとうございました。

 

また、このような演奏会が開催される時は・・・教えて下さいネ☆ 今度はスタッフも誘って聴きに行かさせていただきます♪♪♪♪♪ 私も何か楽器ができたらなぁ~~ CA森でした !(^^)!

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.04.13  整体カイロ たくさんあるけど何を基準に店を選ぶ?

Q。たくさん治療院があるけれど、どこへ行けばいいの?どこも同じですか? 

 

 A。最近よく見かける 整体、カイロプラクティック などの看板。雑誌にもたくさん載っていますね。10年前に比べたら、ずいぶんと情報が増えて業界としては、ありがたいことです。

 

・・・しかし、実は整体、カイロプラクティックは日本において法制化されていないため、ここだけの話たったの1週間勉強しました、とか本を読んで勉強しました・・・などという状態で開業されている先生がいるのが日本の現状ですΣ( ̄□ ̄|||)

 

アメリカをはじめオーストラリア、カナダなど多くの先進国では、ドクター(医師)と同格として扱われています。つまり、大学教育を受けているのは当たり前なのです。

 患者さんの立場であれば、勉強していて当たり前、その上 腕が良くて治してくれなきゃ!というのが本音ですよね。しかし、看板や電話帳を見ただけでは、そんな情報がわからないのが実情です・・・・・。

 

そこで、提案!!まず口コミを大切にすること。 そして、必ず行く前に電話で

 

先生がどの大学に行っているのか、きちんと海外のカイロプラクティック大学を卒業しているのか

 

を聞いてみましょう。行ってからではなかなかそういうことを聞きづらいと思いますので・・・(;^^)

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.04.12  痩せたら腰痛が治る???

「もうちょっと体重落としましょうね~」「まず痩せないとね~」などと、病院の先生などから言われ一生懸命歩いた結果、膝を痛めてしまった・・・・などという話は珍しくありません。

 

腰痛や膝痛の原因は肥満だと思っていませんか?

 

これは全くの認識違いです。では、おすもうさんは全員が腰痛になるのでしょうか??

肥満がもとで腰痛になる人も確かにいますが、いくら体重を落としても、痩せても腰痛が治らない人もいます。これはどういうことなのでしょうか?

 

地球上で生活するには、重力を分散させなければ人間は二足歩行で歩けません。そのために、人間には生理彎曲というS字のカーブがあります。腰痛の人に共通の点は、このカーブがなかったり、またはカーブが足りなかったり、カーブがありすぎても腰に重力がかかりすぎて、腰痛の原因になっている場合がほとんどです。

肩こりの人に共通する点は、頚椎(首)のカーブがまーっすぐになっていたり、逆にカーブしていたり・・・。

 

  shiseiyon.jpg

腰痛や肩こり、膝痛を治すには体重を落とすよりも、姿勢、つまり

 

生理彎曲を作れば根本から改善することができるんですよ~!!

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.03.20  3男坊誕生!!産後の姿勢ケア

ファイル0014.jpg 当院セラピストのまきちゃんが、3人目の男の子を出産しました♪♪

今日は産後の姿勢ケアに来てくれました!! 産後は少しでも早めに姿勢ケアすることが大切ですよ~☆

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.03.20  偏頭痛もちですが、治るんですか?

 頭痛のメカニズム

意外に多い悩みが頭痛。

そして、多くの方が、頭痛を持病のように諦めている方が多いのです。また、毎日頭痛薬を常備している方も多いのです。

頭痛は、精神的にもまいってしまうので、治るものなら治したい!!というのが本音ではないでしょうか。

 

頭痛にはいろんなタイプがあるのですが、一般的にあるのが血流が悪いことから起こる頭痛。それで、少しでも頭痛を軽くしたいがために 血流をよくする薬や、温泉につかったり・・・・とイメージするかと思います。

しかし、それでは対処療法といって、その場をしのぐだけで、頭痛の再発を防げません。

 

では、なぜ血流が悪くなるのでしょうか??

頚椎(首)には頸動脈といって、大切な血管があり、それが頭のほうへ酸素つまり血を送っています。しかし、頚椎が歪んだり、正常なカーブ(生理彎曲という人間が本来持つ骨格のカーブ)を失っていると、血流も悪くなり、また神経を圧迫したりすると結果、頭や手や肩がしびれたり・・・・。

 

頚椎を正常に戻してあげれば、血流がよくなり、結果的に頭痛が改善されていきます。たった1回の施術だけでもかなりの確率で頭痛が改善されますよ!!あとは、定期的にケアして良い姿勢が保てるようにすることで、頭痛になる原因そのものがなくなりますよ(^^)

左写真/正常なカーブを失った状態(まっすぐではダメなんです)                            右写真/正常なカーブをもった状態

201003201051000.jpg 201003201053000.jpg

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.03.05  テニスクラブ姿勢分析 結果報告

先日お天気の都合でのびのびになっていた、テニスクラブ強化チームのカイロプリントの結果を、チーム生とその保護者に説明させていただきました。親御さんは熱心に耳を傾けてくださいました。

 

しかし、姿勢分析の結果はというものの・・・

スポーツ=健康 というイメージがありますが、決してそんなことはございません。テニスは回旋の動きが中心のために身体の中心軸がズレている子は回旋すればするほど、左右のバランスが取れなくなっていきます。また、左右どちらかに軸がぶれていると 回旋時に膝や足首などに負荷がかかり、膝痛や足首の痛みを引き起こします。

 

痛みが出てくるメカニズムは姿勢科学の分野からみて、ずいぶん明らかになってきました。しかし、実際は膝痛などの痛みが出たり、故障するまでは本人も周りも姿勢バランスが悪いことに気づいていません。姿勢バランスがくずれたのを放置すると、関節可動域が制限され、運動機能がスムーズにいかなくなります。そうすると、筋肉にストレスが生じ、故障につながります。

 

私自身ハンドボールで中学高校と過ごして、練習すればするほど、膝が痛くなり、またそれを我慢しては注射を打ち・・・という悪循環の経験があります。監督に気づかれないように、痛みがばれないようにしたものです。

 

強くなりたければ、姿勢をよくしよう!

うまくなりたければ、姿勢をよくしよう!

勝ちたければ、姿勢をよくしよう!

 

姿勢は正しいケアと、生活習慣の改善で必ずよくなります。是非、KCSセンターにご相談を☆

KCSセンターいなべ 0594-84-0588

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.02.26  足が痛いで診て~

日本拳法を習っている6歳の息子ですが、昨夜練習の後「足が痛いでみて~」とのこと。

診てみると、背中が側わんしているではないですかっ!姿勢を調整し正常な位置に背中が戻ると「もう痛くなーい(^▽^)」と喜んで走って行きました。

我が家では、こんな光景がよくありますが、一般家庭でなら少し違うのではないでしょうか。たぶん、私もこの業界でなかったら、「痛いの痛いのとんでけ~」などと言っていたのでしょうね。

 

我が家では、痛みにはきちんと理由がある、ということを子どもたちは知っています。ですから、痛い時は必ず、訴えてきますし、またよくなることも知っています。単純なことですが、小さいころからそういうことを知っているのと知らないのとはずいぶん違います。

 

私自身は、中学生の時に膝の痛みが発症しましたが、原因は部活のせいだと思い込んでいましたし、姿勢が悪いなんて思ってもいませんでした。

親を恨んでいるわけではないですが、もし親や周りの大人が正しい知識をもっていたなら、毎日接骨院に通うこともなかったでしょうね。(その経験が今の私の道に導いてくれたので、今では過去の経験はすべて財産と思っています。)

 

子どもでもきちんと痛みがわかります。子どものくせに、なんてことはありません。是非、正しい知識をもって一日も早く心から笑顔で健康で過ごせる日が皆様に訪れますように。

 

※側わんとは、直立したときに石柱が横方向に湾曲している異常な状態です。神経圧迫とともに、直接内臓を圧迫することもあります。

子供 側彎.jpg

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.02.12  基礎セミナー

2月11日は、四日市にて誰でも簡単にできる、肩こり一発解消法!!が学べる「基礎セミナー」。21名の参加で始まりました。

 

中には、私のママ友でもあり、患者さんでもあるMさんも参加していただきました。みなさん、少し手を加えただけで楽になったり、前屈が多くできるようになったりと、歓喜の声がいっぱいでした(*^_^*)

少しでも多くの方に、正しい健康知識が広まるよう、心から願っております。興味がある方は、というより是非この記事を読んで下さる皆様に、このセミナーは受けていただきたい、内容です!!

お問い合わせは KCSセンター四日市 059-324-2393まで

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.02.09  簡単肩こり解消法があるんです!!

中部地区基礎セミナー開催のご案内 

3月6日(土) 愛知県勤労会館 10時~17時

参加費用   10,300円(昼食込)

 

☆家族の健康を守りたい

☆早く健康になりたい

☆健康に関する仕事がしたい

☆先生たちと楽しくランチしたい

 

などなど・・・興味がある方は是非参加してみてください。

参加申し込みは、KCSセンター四日市まで。

お申込み 0594-84-0588

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.01.18  テニスクラブ強化チームの姿勢分析キャンペーン!

院長の後藤です。ブログのぞいてくださって、ありがとうございます。これから、はりきって更新してまいりますので、どうぞ覗いてやってください。

 

先日、桑名のテニスクラブアカデミー選手のみなさんの姿勢分析(カイロプリント)を撮らせていただきました。

 

小学生から中学生の若き精鋭たち。姿勢のバランスとスポーツパフォーマンスは大きな関係があります。

私も姿勢が悪かったために、ハンドボールで膝の故障手術と苦い思い出があるだけに、若い子たちが故障などで苦しむことのないように、今回のキャンペーンがきっかけに、何かお手伝いができたらな・・・・と。

それにしても、若き精鋭たちはタンクトップとスパッツになるのに、とっても恥ずかしそうに楽しく着替えていましたので、うちのスタッフどもは、「あ~こんな頃もあったか・・・」と学生時代を懐かしくおもいました。

2週間後、若き精鋭たちと親御さんに姿勢分析の結果報告予定で、またあの子たちに会えるのがたのしみです(^0^)

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)

2010.01.12  無料の健康姿勢講座

無料の健康姿勢講座を開催いたします。

1/13 (水) 桑名市民会館にて、10時から始めさせて

頂きますので、興味のある方は手ぶらでいらして下さいませ♪

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)