トップ>スタッフ紹介

セラピスト

鈴木 寿恵

姿勢調整師

姿勢科学士

 

%E5%AF%BF%E6%81%B5%E3%81%95%E3%82%93.JPG

 

テクニカルアドバイザー 伊丹高等文化学院

修了 大阪観光大学 修了

 

私がKCS姿勢調整に出会ったのは、娘の生理痛に困っているときでした。

当時中学二年生だった娘の生理痛は、授業にも集中出来ず、学校を休む日もあるほど。

病院に相談に行っても大量の痛み止めの薬を処方されるだけでした。

 

この年齢でこんなに薬を飲み続けていいものか、、、

 

さらに身体の不調が出てくるのはないかと疑問に持ち始めた頃、KCS姿勢調整に出会ったのです。 姿勢が変わるだけで生理痛が軽くなるなんて事あるのかな。

しかし、たった一度姿勢調整を受けただけで娘の生理痛は激減したのです!!

これはすごい!娘のように困っている人に伝えたい!

 

薬などその場しのぎではない、根本的な改善を目指すKCS姿勢調整の魅力を多くの方に伝えたいと活動をしております。

院長プロフィール

 

院長写真.jpg  

 

  

 

 

後藤まい子

 

皇學館大学文学部国文学科卒業
関西カイロプラクティック医学院卒業
オーストラリア公立マードック大学 健康科学科卒業

WHO国際基準 カイロプラクター(健康科学士)

カイロプラクティック理学修士号 取得 

 
高校生ではハンドボールで国体選手に選ばれ、身体を酷使したせいか、膝を痛めありとあらゆる治療をうけて結局両膝にメスを入れることになりました。

当時はそれが正しいと思っていたところ、KCSにめぐりあい、ハンドボールそのものが原因ではなく、私の姿勢が原因で膝に負担がかかっていたという原因に、目からうろこでした。

 

私の地元であるいなべ市で開業して12年になりますが、やはり痛切に思うことは、精神と身体のバランスはとても重要ということです。

◆スポーツをする若い世代がケガなくパフォーマンスを向上できること

◆産前産後を元気にすごし子育てを楽しく出来ること

◆会社を経営する社長さんが仕事に集中し、バイタリティ、モチベーションを維持し続け、健全な会社経営ができること

◆いつになっても生き生きとやりたいことができること、心から笑顔でいられること。

KCSセンターは皆様のいつまでも健康でいたい元気でいたいという思いをカタチにします。是非御相談下さい。

セラピスト


 小寺 あずみ

 

姿勢調整師

姿勢科学士

  IMG_1068.JPG

伊丹高等文化学院修了

  米国ウエスタンステーツ大学 インターナショナルディプロマ(姿勢科学)プログラム 在籍

 経歴 パソコンインストラクター ヨガイントラクター

 カンボジア旅行でアンコールワットに感動!ご飯もおいしく人もフレンドリー。40年前内戦で傷つき、いまだ爪痕が残りながらもたくましく生きる様に人の強さを見ました。ここで語るには長くなりますので、興味ある方はお声をかけていただけると嬉しいです。

 

 KCSを知る前は、自分の体はいたって健康 問題なしだと思っていました。

肩こり腰痛も特になし。美容院では肩こりを指摘されても自覚はまったくなし。完全に自分の感覚だけを信じてました。「痛くないってことはいいって事でしょ?」

 

  しかし自分の姿勢をケアしていき、同時に正しい姿勢と自分の姿勢のギャップを知っていくうちに自分の姿勢は悪かったこと、悪い姿勢なのに痛くないのは実はマヒだという事を実感しました。(たとえば正座をしていてシビレからだんだん足の感覚がなくなるマヒになるような!!)

「痛くないから大丈夫」いえいえ、正しい知識 正しいケア、大事です。  みなさんの姿勢がよくなる=健康のお手伝いをしていきたいです。

 

 

CM(カスタマーマネージャー)

森あつ子 
これが本当の職業病!?
マッサージが大好きな20代~30代を過ごして来た私、もんでもらって”あ~極楽♪” その頃は、仕事のせいで、腰痛や肩こりになっていると思っている部分がありました。

今考えればその会社の人全員が腰痛や肩こりだったわけでもなかったのに・・・無知でした、無料体験をうけ目からウロコ、姿勢が大切だったなんて、知識として大切なことをえる事が出来た私は今では街を歩いている知らない人の姿勢まで気になる始末。地元に住んでおりますので、いつどこでどなた様に見られているかわかりません!

もりCA.jpg

 

 

スタッフ

いなべ集合写真.jpg