このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スタッフブログ

2016.03.17  ママの腰痛予防【抱っこ編】

三重★子ども姿勢改善プロジェクト  後藤まい子です


育児中のママはマタニティーの時から、肩凝り腰痛

でも、自分のことなんて後回しで

子どもは待ってくれません


抱っこもたくさんしてあげたいし

でも腰が痛くて…

という悩み ありますよね?

そこで!腰痛予防のコツをお伝えしたいと思います

私も年子で二人産んだので、右に息子、左に娘を抱えて、よく買い物に行ったものでした


写真のように、腰の部分を前に出して腰に子ども
をかかえると、かかえやすいけれど、

実はこの姿勢が腰痛の原因に

そこで
このように、なるべく子どもを上の方で抱えて

この時ママは脇をしっかりしめて、子どもと一体になるかんじ

この姿勢だと、腰痛になりにくいのです

例えばリュックサックでも、体から離れるのを、胸のところで止めるものがついていたりしますよね?

持っているものが身体から、離れれば離れるほど腰に負担がくるのです

ママ、今日もだっこがんばって

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2016.03.15  めまいが頻発する方へ

三重★子ども姿勢改善プロジェクト  後藤まい子です

朝起きるときに、ふわっとする

振り向いたときに、くらっとくる

よく立ちくらみがある

ぐるぐる回って目を開けていられないことがある

など…めまい  で悩んでいる方へ。

もちろん、寝不足だったり

生理中だったり

ストレスフル だとそれがきっかけとなって

めまいを起こすことがありますが、

そもそも、首のカーブがあるか、ないかが、大切なポイントなんです

以下のレントゲンを見てみましょう


の部分の↑は頭蓋骨の後頭部。
↓は頚椎1番になります。

この間がきちんと空いているのが、正常な状態

しかし


このの部分はかなり狭いですね

このせいで、頭の方へ流れている血流が圧迫されやすく、脳の酸素不足が起こってしまうことがおこります

正座をしたときに足がしびれて、大変なことがありますね?

これによく似た状況です

こうなると、めまいや、頭痛を起こすことがあるのです

この2枚のレントゲンで何が違うかというと、

右がカーブがあるのに、

左はカーブがなく、まっすぐなのが、わかりますか?

つまり、左は通称 『ストレートネック』といいます。

めまいは、更年期障害が原因だとされがちですが

そもそも更年期障害の原因があやふやで、年齢やホルモンといわれていますが、
それもいかがなもんでしょう…

ストレートネックは、以前にも書きましたが、枕の置き方を工夫することで、随分改善されます


こんな風に、バスタオルをクルクル巻いたものなどを、首の下に置いて、カーブを促します

ぜひやってみてくださいね

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2016.03.15  姿勢教室 4月基礎セミナー IN 名古屋

日本姿勢科学学会による、生涯に渡って役立つ姿勢のお話です。 技術取得に興味のある方から健康維持・予防に関心のある方まで、 ぜひご参加ください。

内容:①知らないと損をする姿勢と健康の話

② 体の不調・・・どこへ相談する?

③姿勢チェックの仕方と姿勢調整プチ指導 などなど目から鱗の内容が盛沢山です。

開催日   4月16日(土)

時間    10時00分~16時

会場    名古屋国際会議場 2号館231

持ち物   動きやすい服装、筆記用具

参加費   10300円 (昼食込) 連絡先

KCSセンター四日市 059-324-2393

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)