このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スタッフブログ

2016.02.19  横向きで寝ると姿勢は悪くなる!

以前びっくりする情報番組を見ました。

どんな内容かというと・・・

 

仰向けで寝るといびきをかくから、横向きで寝るように促すグッズ

背中に浮き輪のような空気で膨らむものを背負って寝て、仰向けになるとそれが邪魔して横を向いて寝るという代物

 「これはいいですね~」

なんでやねん!!

 

そもそも人間がぐっすり深く寝るための条件として仰向けが自然なんです

なぜならあなたの身体を見てみて!

身体を前から見た幅と横から見た幅、どちらが広い?

当然前から(後ろから)ですよね?

物理的に仰向けの方が床に対する接地面が広いので安定するのです。

 

それに比べて横向き寝は、接地面が狭いため身体をくの字に曲げてバランスをとる。

だから、伸ばすどころか身体を曲げて寝ることになるんです。

しかしここで問題なのが!

普段姿勢のゆがみがある方は 身体が伸びることがつらく、横を向いてゆがんだいつもの状態が楽だと勘違いします。

だから今、横を向いたときに肩が沈んでくれるような、反発系の寝具が流行っているのです。

10年後も元気で快活に過ごすためには! 

毎晩仰向けで体を伸ばすようにした方が良いのです。

 

どうしても仰向けがつらいわ!

という方はやはり姿勢調整の力をちょこちょこっと借りましょう。

 

良い姿勢が保てるようになると自然と仰向けが楽になるんです。

 

 

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2016.02.19  姿勢教室 3月基礎セミナー IN 四日市

本姿勢科学学会による、生涯に渡って役立つ姿勢のお話です。 技術取得に興味のある方から健康維持・予防に関心のある方まで、 ぜひご参加ください。

内容:①知らないと損をする姿勢と健康の話

② 体の不調・・・どこへ相談する?

③姿勢チェックの仕方と姿勢調整プチ指導 などなど目から鱗の内容が盛沢山です。

開催日   3月12日(土)

時間    10時00分~16時

会場    じばさん三重

持ち物   動きやすい服装、筆記用具

参加費   10300円 (昼食込) 連絡先

KCSセンター四日市 059-324-2393

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2016.02.04  自律神経のトラブルと姿勢の深い関係

やる気がしない

ものごとに集中できない

すぐ落ち込んでしまう

イライラする

など、これらの自覚症状はうつ症状と言われますが、うつ症状がある人の体に出る症状として

食欲不振・体がだるい・疲れやすい・頭痛、肩こり、動悸、胃の不快感、めまいなどがあります。そして、うつ病の診断を受けた人の姿勢を分析してみると、頸椎(首)が前に出ている人が殆どなのです。

 

頸椎が前方に歪むと、首の筋肉が緊張し、血流が悪くなるため肩がこり、また頭部への血流も悪くなるため、めまいや頭痛などを起こしやすくなります。

 

うつ病が原因だと思っていた身体の様々な症状は、身体の歪み、特に頸椎の歪みが原因で起こっている可能性が多いにあるのです。身体と心のバランスは大きく関わっているのです。

少しでも気になることがあれば、ぜひお問い合わせください。

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)