トップスタッフブログ>骨と筋肉 2 筋肉低下が…

スタッフブログ

2012.02.11  骨と筋肉 2 筋肉低下が…

筋肉低下が器質の変化を招く 「KCS療法」に不可欠なものとしてバイオメカニクスがあるように、人間は正常な動作をするために正常なバランスをもっている。 このバランスが崩れると、 背骨も含めた関節の動きが悪くなることで機能低下が起こり、 それによって正常な動きを逸脱するために器質そのものが変化してくるのだ。 筋肉と骨格は相関関係にあるから、骨に異常が起こると筋肉は萎縮する。そうなると、関節は可動不全になる。ところが、関節の動きが悪くなっても、筋肉は萎縮しながらバランスをとろうとするため、今度はこれが筋肉の萎縮を招く。 人間の動きは、すべてこうした関係の上に成り立っているのである。 (痛みは体のSOS 参照) セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ (10:00) | PermaLink

TrackbackURL :