このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スタッフブログ

2012.02.11  腰の真ん中の骨が痛い人はもしかしたら…

老人性変性腰椎分離症*すべり症かも…( 中年以降に多いしつこい痛み) 腰の真ん中の骨が痛い。お尻の筋肉も痛む。 朝、起きたときなど、動き始めに痛い。特に、仕事や家庭で疲れがたまったときに痛くなる。 中年以降の人。特に女性に多い。また、若い頃に激しいスポーツを経験している人に多い症状です。 腰椎は20歳頃から老化を始めています。30代40代になるころには椎間板の弾力やみずみずしさが低下して、椎間関節も次第にすり減り、周辺の筋肉や靭帯にもかつての張りがなくなってきて腰椎を保護する力がだんだん弱くなっていきます。腰椎を保護する力が衰えてくると、腰椎が荷重や衝撃を支えきれなくなり、いつのまにか疲労骨折をおこしてしまうのです。 若い頃に激しいスポーツなどを経験している場合、それまでまったく痛みをもたらしていなかった分離症*すべり症が中年をすぎた頃に現れてくる場合もあります。 症状は慢性的にゆっくり進むのが一般的です。 最初は仕事や家事で疲れがたまった際に腰に鈍い痛みを感じる程度ですが、重くなったり軽くなったりを繰り返しながら、やがて腰椎の患部やおしりの筋肉がしつこく痛むようになります。 特徴は、腰を反らすと強く痛む、静かにしているときはあまりいたまないの、動き始めがつらい。朝、起きるときに痛みが走るようになり、ひどくなると足がしびれ、 腰を伸ばして歩きづらくなるなど、『脊柱管狭窄症』みたいな症状が現れてくる場合もあります。以上のような症状が当てはまる方は一度姿勢チェックを受けてみてください。 痛みの原因となるものを取り除くことによって、症状が軽くなる場合もあります。痛みに耐えられず苦しんでいる方や、手術を考えている方はぜひ一度相談にきてみてください。 きっと、気分が楽になられると思います。 毎日の生活の中で、姿勢をちょっと気をつけることで楽になることもあります。 たとえば、腰をそりすぎないで体の重心を前にかけるなどの姿勢を意識したり、体を丸める体操をしたりすることで痛みを軽減することができます。 当院では、施術はもちろん痛みを繰り返さないための予防方法などをアドバイスさせていただいています。 どこへ行っても治らない。など同じことを繰り返している方はぜひ一度来院してください。 相談は無料ですのでお気軽にお電話くださいp(^_^)q セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2012.02.11  骨と筋肉 2 筋肉低下が…

筋肉低下が器質の変化を招く 「KCS療法」に不可欠なものとしてバイオメカニクスがあるように、人間は正常な動作をするために正常なバランスをもっている。 このバランスが崩れると、 背骨も含めた関節の動きが悪くなることで機能低下が起こり、 それによって正常な動きを逸脱するために器質そのものが変化してくるのだ。 筋肉と骨格は相関関係にあるから、骨に異常が起こると筋肉は萎縮する。そうなると、関節は可動不全になる。ところが、関節の動きが悪くなっても、筋肉は萎縮しながらバランスをとろうとするため、今度はこれが筋肉の萎縮を招く。 人間の動きは、すべてこうした関係の上に成り立っているのである。 (痛みは体のSOS 参照) セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2012.02.11  骨と筋肉

筋肉と骨は、こんなにも親しい 筋肉は、運動能力をもっているのが特性だが、そのほかにも、骨を支えたり、体のバランスを一定に保つ重要な役目を担っている。 だから、骨がネジレるということの裏には、 必ず筋肉の存在が浮かび上がるわけだ。骨のズレは、物理的な刺激以外でも起こるもので、ストレスによることだってある。しかし、このような場合であっても、筋肉の作用と無関係ということはない。 例えば、 愛する人を亡くしたというような場面に遭遇すると、人は何も考えられなくなって呆然とし、 肉体はだらんとなってしまう。これは、精神的なショックで筋肉が弛緩したために、それまで骨を支えていたタガが外れた状態になるからである。 筋肉は、 縮むことで首や腰のバランスを保っているわけだから、ゆるむと当然、それまでの安定した状態は崩れるが、逆に萎縮しても、関節を曲げてしまうのだ。 寝ているときならまだしも、起きている場合には大変なことになる。なにしろ、起きていれば加重がかかる。そのとき筋肉がバランスを失うと、それが首の筋肉であれば、首の骨がズレる可能性が大きくなるというわけだ。 筋肉と骨には密接な関係があって、骨は筋肉に支えられて正しい位置に納まっており、骨が正常な位置にあるおかげで筋肉も正常な状態を保てるのである。 (痛みは体のSOS 参照) セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2012.02.11   姿勢教室 3月基礎セミナー IN 四日市

日本姿勢科学学会による、生涯に渡って役立つ内容は、本格的に学んでみたい方にぴったりです。 技術取得に興味のある方や健康維持・予防に関心のある方は、ぜひご参加ください。 開催日     3 月7日(水)     時間10時00分~16時 会場    勤労者交流センター 持ち物   動きやすい服装、筆記用具    参加費 10000円 (昼食込) 連絡先 KCSセンターいなべ 0594-84-0588

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2012.02.11  異常な筋力の低下

筋力の異常な低下で懸垂が出来ないこどもが増えている。 筋力が異常と言えるほど低下したのは、筋肉に常に刺激が入っていないからだ。 筋肉が疲労すれば、必ず瞬発力は低下するから、懸垂が出来ない。現代のこどもにはごくふつうにみられることだが、正常な体から考えるとこれはかなり異常なことである。 筋肉の疲労は、筋肉に溜まった乳酸を新陳代謝で取り除くことができないために起こり、 この状態を一般に『疲労現象』という。 では、若すぎるほどに若い彼らに、なぜこのような加齢による現象が起こるのだろうか。 原因は、一にも二にも"姿勢"にある。 人間は、骨格の構造からいっても、正しい姿勢でいるときが一番疲れない。 立っていても座っていても、筋肉が最も良い状態でバランスをとっているときが、いちばんラクなのだ。 悪い姿勢でいれば、体はそれを修正しよとして無理なバランスをとろうとするから、無意識のうちにムダな筋力を使っているわけで、いつもいつもこのような状態にあると筋肉の疲労はどんどん溜まってくる。しかも、瞬発力もなくなってくる。 瞬発力というものは、筋力を使っているときには出にくいもので、筋力が一時ゼロになった瞬間から生まれるのだ。 止まっているときには簡単に出来るスタート・ダッシュも、マラソンのような長丁場を走っている最中には難しい。ダッシュするには大変な体力が必要になる。 これと同じことで、瞬発力のないこどもは、筋肉がいつも、マラソンをやっているような状態にあるということだ。 さらに、まずいことには、悪い姿勢が続くと今度は骨が曲がってくる。 こうなってしまうと、日常の生活のなかでこどもの体を蝕む疲労を取り去ることはとても困難になる。 筋肉や骨の疲労はやがて全身の疲労になり、ひいては集中力にも影響がでる。本来なら脳に行くべきエネルギーが、肉体の疲労による消費に回ってしまうから、このようなことが起こるのだ。 健全な生活を維持するためには、自分自身はもとより、こどもや家族全員の姿勢に日頃から十分な気配りが必要である。 (痛みは体のSOS 参照) セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)