トップスタッフブログ>腰を反らすと、痛い人!!

スタッフブログ

2011.09.23  腰を反らすと、痛い人!!

若年性腰椎分離症・すべり症かも??

腰を反らすと、腰の真ん中の骨が痛い。お尻の筋肉も痛い。朝起きた時など、動き始めに痛い。などの症状があるかたは若年性腰椎分離症・すべり症になっているかもしれません。

20歳以下の若者で、部活動などで激しいスポーツをしている人。あるいは子供の頃や学生時代に激しい運動をした経験がある人に多い症状です。

原因となるものは成長期における激しいスポーツ。特に、背中を瞬間的に大きく反る動きの多いスポーツにおいてなりやすい傾向があります。

例えば・・・バレーボールのアタック、バトミントンのスマッシュ、テニスのサーブなど

背中を激しく反る。’’無理な動き’’を続けてきたことで、腰椎の突起が疲労骨折をお越してしまうから。

腰が痛いからと言って決してスポーツをあきらめないでくださいね(^^♪

無理をせず正しい対処さえとれば、必ず復帰できるのですから(^^♪

小学生や中学生などのお子さんをお持ちのお父さん、お母さんにお願いがあります。

子供たちが「なんとなく腰が疲れる」「練習中、腰の痛みが気になる」などと言い出したら

「それくらい大丈夫だろう」などと甘く見ずに、早めに診察を受けるようにしてください。何しろ、この腰痛は

初期の対応が肝心です。

当院で腰が痛く、部活も通常生活もままならない中学生の女の子が通院しています。

痛みがひどくて腰を直接治療することができなかったのですが、姿勢の調整をすることで

徐々に改善をし約半年で痛みもなく部活の復帰をはたすことができました。

ご本人はもちろんスタッフ一同とても嬉しく、今後も痛みが繰り返さないようケアを心がけていきたいと

思っております。

もしかして、私も・・・と思われる方は我慢せず早めの来院をおすすめします。

痛みを長く我慢すればするほど治るのも遅くなり、また治療費も膨大にかかってしまいます。

相談は無料です。お気軽にお電話ください。  

姿勢療法士 川原正美 

GUM05_CL01053.jpg

投稿者 KCSいなべ (13:31) | PermaLink

TrackbackURL :