このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スタッフブログ

2011.09.28  秋バテ??

 最近、ちょっと体がだるく風邪でもひいたかなと思っていたら、TVで夏バテならぬ秋バテが急増しているとか・・・

体がだるい・やる気がでない・頭痛・肩こりなど 急に気温が低下して自律神経の働きを乱し、結構不良などが原因だそうです。 冷たい食べ物、飲み物は控えめにする。程よい運動を心がける。シャワーだけではなく湯船につかるなど身体を冷やさないようにすることと、身体の歪みから来る血行不良や自律神経の乱れを緩和するべく姿勢療法ケアを定期的に受けることが秋バテを解消するのだそうです。 私も生姜紅茶を飲み姿勢療法を受け、身体を冷やさないように心がけていきたいと思います。。

 もしかして。。。秋バテかもと思った方気軽にご相談ください♫

姿勢療法士  川原正美

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.09.23  腰を反らすと、痛い人!!

若年性腰椎分離症・すべり症かも??

腰を反らすと、腰の真ん中の骨が痛い。お尻の筋肉も痛い。朝起きた時など、動き始めに痛い。などの症状があるかたは若年性腰椎分離症・すべり症になっているかもしれません。

20歳以下の若者で、部活動などで激しいスポーツをしている人。あるいは子供の頃や学生時代に激しい運動をした経験がある人に多い症状です。

原因となるものは成長期における激しいスポーツ。特に、背中を瞬間的に大きく反る動きの多いスポーツにおいてなりやすい傾向があります。

例えば・・・バレーボールのアタック、バトミントンのスマッシュ、テニスのサーブなど

背中を激しく反る。’’無理な動き’’を続けてきたことで、腰椎の突起が疲労骨折をお越してしまうから。

腰が痛いからと言って決してスポーツをあきらめないでくださいね(^^♪

無理をせず正しい対処さえとれば、必ず復帰できるのですから(^^♪

小学生や中学生などのお子さんをお持ちのお父さん、お母さんにお願いがあります。

子供たちが「なんとなく腰が疲れる」「練習中、腰の痛みが気になる」などと言い出したら

「それくらい大丈夫だろう」などと甘く見ずに、早めに診察を受けるようにしてください。何しろ、この腰痛は

初期の対応が肝心です。

当院で腰が痛く、部活も通常生活もままならない中学生の女の子が通院しています。

痛みがひどくて腰を直接治療することができなかったのですが、姿勢の調整をすることで

徐々に改善をし約半年で痛みもなく部活の復帰をはたすことができました。

ご本人はもちろんスタッフ一同とても嬉しく、今後も痛みが繰り返さないようケアを心がけていきたいと

思っております。

もしかして、私も・・・と思われる方は我慢せず早めの来院をおすすめします。

痛みを長く我慢すればするほど治るのも遅くなり、また治療費も膨大にかかってしまいます。

相談は無料です。お気軽にお電話ください。  

姿勢療法士 川原正美 

GUM05_CL01053.jpg

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.09.20   姿勢教室 10月基礎セミナー IN 四日市

日本姿勢科学学会による、生涯に渡って役立つ内容は、本格的に学んでみたい方にぴったりです。技術取得に興味のある方や健康維持・予防に関心のある方は、ぜひご参加ください。

開催日 10月5日(水)     時間 9時30分~16時

会場  じばさん三重

持ち物   動きやすい服装、筆記用具    参加費 10000円 (昼食込)

連絡先 KCSセンターいなべ 0594-84-0588

基礎会長2.JPG

基礎会長.JPG

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.09.15  頭痛、めまいを病気だと思っていませんか?

頭痛、めまいを病気だと思っていませんか?または、更年期障害だから仕方がないと諦めてはいませんか。頭痛やめまいの原因の一つに、姿勢の悪さが原因になっていることもあるのです。 猫背、つまり姿勢が前方に傾くと、目線が下に向くために、あごを前に突き出して目線をあげようとしてしまいます。そうすると、後頭部が下へ下がり、首の後ろ側がいつも圧迫された状態になり、筋肉や血管が圧迫され、どーんとした重だるさや、コリ感を感じてしまいます。頚椎には頚椎動脈といって、脳へ血液を送っている重要な血管がありますが、それが圧迫されると、脳の血流不足が起こってしまい、頭痛やめまいの原因になることがあります。 仰向けで後頭部を床につけ、首の後ろを伸ばしながら、うなずく様にアゴを下へ動かし、ゆっくりと元に戻し、この動作を繰り返します。寝る前に10回ほどやってみましょう。

 (姿勢美人 院長コラムより 引用) 姿勢療法士 川原正美

GUM05_CL03059.jpg

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.09.09  こんな症状がある人は椎間板ヘルニアになってるかも

咳やくしゃみをすると響くような腰の痛み。足やおしりのしびれ、痛みを伴うこともある。 前かがみの姿勢をとると症状が悪化し、長い時間座っていることができない。 どんな人に多いか… 20代から50代。 長時間座りっぱなしの人やしょっちゅう前かがみの姿勢をとる人。スポーツ選手など、 腰に負担をかけがちな人にも多い。 手術をしなくてもヘルニアは引っ込みます。手術をする前にぜひ当院へご相談ください(^○^) 姿勢療法士 川原正美

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.09.09  こんな症状の人は。。椎間板症かも…

腰の左右どちらか、もしくは左右両方が痛む。 あるいは、重さやだるさがある。マッサージなどをしても症状が改善せず、特に前かがみになった時に痛い人。 こんな症状がある人は椎間板症かも。。。 どんな人に多いか… 筋筋膜性腰痛と同様、長時間同じ姿勢をとることが多い人。また、しょっちゅう筋筋膜性腰痛を起こしている人。スポーツ選手にも多い。 こんな症状がある人はヘルニアになる一歩前かもしれません。そうならないうちに早めのケアをお勧めしています。 姿勢療法士 川原正美

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.09.09  自分の腰の痛みはどっち?

①前かがみになると痛い人(重心が前にかかりすぎてる人) 筋筋膜性腰痛 →椎間板症 → 椎間板ヘルニア ②後ろに反ると痛い人(重心が後ろにかかりすぎてる人) 若年性腰痛分離症・すべり症 → 老人性変性腰痛分離症・すべり症 → 脊柱管狭窄症 ③それ以外の人 内科的疾患が原因の腰痛 精神的ストレスが原因の腰痛・自律神経失調症などの心身症 骨粗相症による腰椎圧迫骨折 変形性股関節症 皆さんの腰痛はどれに当てはまりますか? 姿勢療法士 川原正美

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.09.08  同じ姿勢がしわ寄せを生む

人間の体というのは、本来、同じ姿勢を長時間続けるのには向かないようにできているのでしょう。 何時間も車の運転をし続けたり、一日中パソコンに釘付けで座りっぱなしで仕事をしていたり……そういう行動をとると 腰が痛くなるのは、みなさんもう、実感しておわかりいただいている事と思います。 いつも同じ姿勢をとっているということは、いつも特定部位の骨や筋肉だけを緊張させて働かせているということ。そのバランスの偏りがさまざまな歪みを生むことにつながるのです。 歪みの原因を取り除いてあげなくてはいくら腰ばかりを治療していても治りません。 なんとなく腰が重い。程度から年に2〜3回ギックリ腰を繰り返し起こしてる方。痛みやシビレが出る前にケアをする事をオススメします。もしかして…と思っているあなたヒドくなる前に予防する事も大切ですよ(^○^) 姿勢療法士 川原正美

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.09.06  頭を支える首の筋肉が疲労すると…

皆さんは自分の『頭』がどれくらいの重さなのか、知っていますか? 大人でだいたい6kgほどだそうです。2リットル入りのペットボトルなら、約3本分くらい。 買い物カゴにいれてもっても、かなりズシッくる重さデスよね。 このズシッとくる重さを『首』はいつも支えているわけです。 そう考えると、頭を支えるというのは、結構な重労働デスよね。 しかも、いつも直立姿勢で首の上にのってくれていれば良いのですが、そうとは限りません。前かがみやうつむきの姿勢をとったとき、首の後ろがわの筋肉にかかる荷重負担は直立姿勢をとってるときに比べて、なんと約3倍になると言われています。 日常生活で前かがみやうつむきのの姿勢をとっている時間って結構多いんですよね… 一日中パソコンの前に座って仕事をしていたり、仕事が終わってからも、携帯電話やゲームなどをしてる人って少なくはないと思います。 前かがみやうつむきの姿勢をとってる時間が長くなるに連れて、首の筋肉がコチコチにコリ固まってしまってる人が増えてきています。 そんな習慣を毎日続けていたら、首の筋肉が悲鳴をあげるのも当たり前。 首コリ、肩こりに悩む人が増えるはずです。 このように首の筋肉に負担をかける習慣が続いてると、たび重なる筋肉の緊張から次第に頚椎のカーブが失われ『ストレートネック』と呼ばれる状態になりやすくなります。 この『ストレートネック』になると、コリや痛みもいっそうヒドくなりますし、首・肩周辺の骨や関節にも色々な悪影響がでやすくなりますし。そして頚椎症に移行しやすくなってしまうのです。 首には多くの神経や血管が集中しています。 首の筋肉や関節の異常などでこれらの神経や血管が圧迫されると、自律神経の働きが乱れ、ーさまざまな不定愁訴が起こる事が多いのです。 頭痛、吐き気、耳鳴りめまい、イライラなど… 首は脳と体をつなぐ重要な部分。ここにコリや疲れを貯めてしまう生活習慣を続けていると、そのう大トラブルに見舞われてしまうかもしれません。 肩こりや首コリで悩んでる方、一度当院の姿勢画像診断検査をして見ませんか?ご自身の姿勢が、首がどうなっているか、首コリ肩こりの原因が目で見て分かっていただけると思います。 頚椎症になるまでにぜひご相談ください(#^.^#) 姿勢療法士 川原正美

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)