このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スタッフブログ

2011.08.25  こりがコリを呼ぶ

肩こりや首コリとは、どんな状態を示すのでしょう。 “コリ”というのは、簡単に言えば“体を動かさずにいることによって起こる筋肉疲労”です。 筋肉疲労というのは、運動をすることで起こるものと思われがちですが、動かない姿勢をずっと続けていることによっても、かえって特定の筋肉を疲労させてしまうものなのです。 なかでも、肩こりや首コリを招くのは、長時間座りっぱなしの姿勢を続けているとき。 何時間もパソコンに向き合っていたり、休まずに車の運転をし続けたりしている場合です。 そういうとき、肩や首の筋肉はずっと収縮したまま緊張し続けています。その緊張状態の持続が筋肉疲労を招き、“コリ”を起こす原因になります。 コリとは… 肩や首の筋肉が緊張して疲労すると、筋肉の中を走る血管が圧迫され、その部分の血行が妨げられます。そして血行が悪くなると、当然、その部分への酸素や栄養の供給が不十分になってきます。この血行不良がコリになります。 首や肩のコリの痛みを放っておくと、いずれ、“こりがコリを呼ぶ”という悪循環サイクルができてしまうことになります。そしてその悪循環が日々重ねられていくうちに、肩や首の筋肉がガチコチに固まり、より重度の症状へとつながっていってしまうわけです。 肩こりや首コリだけではなくて頭痛にめまい、手のしびれを感じたりしてませんか? この場合、筋肉疲労のレベルを超えて、頚椎にまで異常がでてきてしまってる訳ですが、このレベルになると、マッサージをしても、またすぐ辛い症状がでてきます。コリや痛みがひどくなるたびにマッサージに行く。このような状態を長く続けているといつのまにか症状を重くしてしまうことも… 肩こりや首コリはひどくなる前に‼ 気軽にご相談ください。 セラピスト川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.08.24  いなべのスタッフ(^^♪

院長のお誕生日に撮った写真!!

DSCF1549.JPG  

 最高の笑顔でしょう(^^♪

セラピスト川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.08.23  倉敷の空から

倉敷から。。。 おはようございます。 最高の笑顔で、最高のサービスができるように今日も頑張って勉強してきます。 毎日当たり前のようにしている業務がタダの業務になってしまわないように‼ 一人一人の方と正面から向き合い真剣に症状改善の為の提案をしていく為に‼ 馴れてくると当たり前になってしまう事を、客観的に観察してもらいアドバイスしてもらう。とても大切な事をチームで共有して、これから出逢うまだ見ぬ患者さんの為に(^з^)-☆今日も頑張ってきます。 セラピスト川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.08.17  たかが肩こり、されど肩こり

「肩こりは病気じゃない」と思っている人いますよね…皆さんはどうですか? 肩こりくらいなら、放おっておいても平気? それは大きな間違いです。だって、考えてもみてください。肩がこっている人は、たいてい首もこっています。肩と首とは、同じ筋肉でつながっているので、肩の筋肉疲労が首の筋肉へと伝わります。 また、首のこりや筋肉疲労が重なると、頚椎や周囲の関節にも様々な悪影響がおこり さらに、頚椎に異常が出れば、手がしびれたりすることもあります。 それに、頚椎とつながっている腰椎や骨盤の関節にもトラブルがおこりやすくなります。 肩こり・首こり …筋肉疲労・血行悪化 ↓ 頚椎症 …首や肩のこりや痛み・手のしびれ・頭痛・吐き気など ↓ 頚椎椎間板ヘルニア…首や肩のひどい痛み・手の運動障害やしびれ、麻痺など 肩こりや首こりを放おっておくと頚椎ヘルニアに進行してしまうこともあります。 手がしびれて…手首や肘が痛くてと悩んでるあなた、放置せずにぜひ一度ご相談下さい。 肩こりや首こりを軽視しているとどんどんひどくなりますよ。 セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.08.17  軽いコリや痛みを放置してませんか?

多くの人は、腰に違和感やこり、軽い痛みなどを感じていても、生活に支障のない程度ならば、わざわざ病院へいかないですよね。 皆さんも「これくらいなら大丈夫だろう」と放ってるのでは? 腰とそういう付き合いをしていると、突然動けなくなったり激痛になることもしばしば。 日頃から軽い痛みを誤魔化していると、知らず知らずの内に、痛みを避ける動きや姿勢をとってしまうもの。 そして、そのちょっとした無理が少しづつ積み重なっていくうちに、いつしか本格的な腰痛の原因が形成されていってしまうものです。 痛みやしびれがひどくなってからの治療は長期間かかるので、ちょっとおかしいな…と思ったら放置せずに来院することをお勧めします。 セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.08.16    姿勢教室 9月基礎セミナー IN 四日市

日本姿勢科学学会による、生涯に渡って役立つ内容は、本格的に学んでみたい方にぴったりです。技術取得に興味のある方や健康維持・予防に関心のある方は、ぜひご参加ください。 以前は仕事として考えてる方のみが受講できるものが、今は身体のことを勉強したい方も受講できるようなりましたので 興味のある方はぜひご参加ください。 開催日 9月10日(土)      時間 9時30分~16時 会場  勤労者市民交流センター 東館 持ち物   動きやすい服装、筆記用具    参加費 10000円 (昼食込) 連絡先 KCSセンターいなべ 0594-84-0588

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.08.10  こんな症状に思い当たることはありませんか?

こんな症状に思い当たることはありませんか? 「肩こりがひどくなると、いつも頭痛や吐き気がする」 「首や肩が、ガチガチになっている」 「肩こりだけでなく、手までしびれてきた」 「くしゃみや咳をすると、首や肩が響くように痛む」 いずれも、首や肩のこりを進行させてしまったことによって起こる症状です。 意外に知られていないのですが、首や肩のコリや痛みは、ごましかしながらいると確実に悪化します。 「たかが肩こりくらい…」と思っていた症状が積み重なって、いつしか頚椎ヘルニアなど大変な病気になってしまいます。 上記のような症状で苦しんでいる方、ぜひ一度姿勢診断検査をしてみてください。 セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.08.09  こんなに痛いのに!

腰の痛みはどこからくるのでしょう? 皆さんは考えたことがありますか?腰の骨、腰椎なのでしょうか。腰の周りの筋肉なのでしょうか。あるいは、骨盤なのでしょうか?それとも、ストレスや内臓の病気など、意外なところに原因があるのでしょうか。 皆さんが腰痛を感じた時に、いちばん初めに行く場所…整形外科では腰痛の主な原因は「腰椎」にあると考えられ、骨の異常がないかレントゲン検査をしますね。その検査の結果、骨に異常がなければ「しばらく安静にしていて下さい。湿布にいたみ止めをだしておきますね」と言われることもしばしば。そんな経験をされたかたも多いのでは?「こんなに痛いのに、異常がないのはおかしい。」と思われる方少なからず見えますよね。 一般的な病院では『骨に異常がなければ心配いらない。」という結論が出されてしまうことが少なくありません。 私たち、KCSセンターでは姿勢療法士が姿勢診断検査を用いて痛みの原因を探し出し、痛みのない生活が送れるようお手伝いをさせていただいています。 どこへ行っても痛みがとれない、これからも健康で痛みのない生活を送っていきたいと思われる方ぜひ、一度ご相談下さい。 姿勢セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.08.01  臓器や筋肉と同様に、骨格の健康管理が大切

骨格の慢性病の多くは背骨のズレから

 これからの健康管理は、体を支える’’骨格の健康’’をぜひ考えてほしい。そうすることが、全身に分布している神経系の健康管理につながるからで、病気になるのをじっと待っていることはないのだ。

 そのためには、骨のズレが病気を引き起こすことを正しく認識しなければならない。これが原因で慢性的な病気に苦しむ人がとても多いのである。

 どこへ行っても、何をしても治らない患者が、『KCS療法』をはじめとする正しいカイロプラクティックの療法で良くなっている。いまはたしかに、現在の医療から否定されたり認められない分野をカイロプラクティックが補う形になっているけれど、患者のこうした不利益をなくすには、少数の療法家だけではどうしようもない。そろそろ互いの立場やメンツを超えて、あらゆる医療が患者のために手をつなぐときではないだろうか。

 また、『KCS療法』は、予防医学としても素晴らしい特性をもっているから、これを利用しない手はないだろう。 いまは異常がなくても、骨がズレてしまわないうちに矯正すれば、病気になる確率はグンと減るわけで、転ばぬ先の杖が何よりなのだ。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

06kazoku.jpg

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)