トップスタッフブログ>薬も注射も治せない

スタッフブログ

2011.07.27  薬も注射も治せない

薬など頼るすべがないのに、自己の力だけで傷を癒す、動物たちの回復力の凄さをご存じの方は多いでしょう。 人間にも、あのような自然に回復する力があります。これを『自然治癒力』といいますが、文字どおり自然に治そうとする生命力の輝きのようなもので、誰もがもっているものです。 わたしたちが傷ついたり病気になった場合、この力なくしては、とうてい治ることは出来ません。

医学は人類の幸福のために築き上げられ、今日まで発展してきました。いわば、健康をサポートする科学なのです。

ところが、皮肉なことに、科学が 進歩するにつれて、宇宙が与えてくれたこの大きな力を忘れ、すべてを科学に任せる風潮が広まってしまいました。「病気は医者が治してくれる」という考えなどは、その代表的な例です。 しかし、これは大変な間違えなのです。薬にしろ注射にしろ、あらゆる医学は『自然治癒力』をサポートするためにあり、けっして、薬や注射が病気を治すのではありません。治そうとする力がより大きく発揮されるように介添えをしているわけで、’’治る’’という最後の仕上げは『自然治癒力』が行います。

つまり、病気は、あなた自身が治さなければならないものなのです。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

投稿者 KCSいなべ (15:38) | PermaLink

TrackbackURL :