このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スタッフブログ

2011.07.28  まず、骨格の調整を!!

機能の回復には、原因を取り除く治療をしながらリハビリテーションを続けなければなりませんが、原因に対して有効な処置を採らずに機能訓練だけに頼っても良くはなりません。

手や足が思うように言うことが聞かなくなるには、さまざまな原因があります。骨のズレにより神経の機能が低下したために運動機能が低下したために運動機能が低下している場合も少なからずあるのです。

このようなときには、まず『骨格の調整』をする必要があります。

(痛みは体のSOS 参照)セラピスト川原

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.28  痛みだけをとってはならない!!

病気は、根治させることが肝腎。けっして症状だけを取り除くような治療はしないことである。

例えば痛みを訴えたとしよう。痛みは感覚の異常の一つなのだが、このとき、たいていの人は痛みだけを除こうとしている。つらいことだから早く楽になろうとする気持ちはよくわかるのだが、ちょっと待っていただきたい。

痛みだけをとろうとするような治療を’’対処療法’’というが、こんな治療をどれほど続けても体は決してよくはならないのだ。本当に苦しみから開放されるためには、痛みを引き起こすもとになっている原因を除く以外にないのである。

それが神経の障害から起きているなら、まずその障害を取り除くことを考えなければいけない。そして、その障害が骨のズレにあるのだったら、これを矯正することが最大のポイントになる。原因が無くなれば二次的な効果として、痛みも当然消えてしまう。これが正しい治療なのだ。

あなたがもし、適切な医療を受ける方向を見誤って、違った分野の治療かの門を叩いても、痛みを取り去ることだけならできる。痛みどめの注射でもハリでも、要するに何らかのショックを与えてやれば、痛みというものは感覚的にマヒして消えていく。わかりやすくいうと、腰や肩を叩くことで痛みを軽減するのと同じ理屈だ。こういった行為は刺激で感覚をマヒさせているのである。

ここでしっかりと頭に入れておいてほしいことは、このような対処的な方法で痛みなどを除くことと、原因となっている神経圧迫が取り除かれることは、まったく別の問題だということである。根本を正せば痛みはなくなるが、痛みをとっても病気は治らないのだ。

だから、感覚がもとに戻ってしまえば必然的に痛みは再び襲ってくる。頓服の効果が消えて痛みだしたという経験が、誰でも一度や二度はあるはずだ。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.28  なぜ骨格を調整するのか??

『KCS療法』を受けると、どうして痛みが消えたり症状が落ち着くのだろうか。

患者として実際にこの施術を受けた人でも不思議に思うくらいだから、奇跡だと騒ぐ人たちの無知を笑えない部分がある。が、これはとんでもない誤解だ。患者自身があまりにも自分の体を知らなすぎるための間違いなのである。

感じ方は感覚の問題だから、『奇跡的に』だとか『奇跡のようだ』と言うことはあるかもしれないが、療法そのものに奇跡などありはしない。強いて言えば、一人ひとりの人間がもっている《治ろうとする力》、すなわち、自然治癒力が、最大限に発揮されたときにそのような現象が起こるだけのことなのである。

わたしたちは、どの患者さんに対しても自然治癒力を最も強く発揮出来るように助力をしているのであって、その方向が正しいから病気が退散するのだ。

では、なぜ骨格を矯正する必要があるのだろうか。 ご存じのとおり、わたしたちの体は無数の神経によってコントロールされている。神経にはいろいろあるけれど、このうち、脊髄を通って出入りしている神経を脊髄神経と呼ぶ。 人体の各部に連絡している神経は、各々決まった場所から出入りして脊髄神経のつうろである椎孔を経てそれぞれの担当している器官に脳の命令を伝えたり、あるいは末梢の情報を脳に届けたりしている。

この大事な神経が通る背骨(脊椎骨)は、ひとつひとつの骨の集合体で、ちょうど積み木を縦に連ねたような形状になっている。積み木の数は頸椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個・・・、といったふうに全部で32〜35個もあり、それぞれの骨同士は椎間板と呼ばれるクッションによって衝撃から守られているわけだ。

このようにして連結している脊椎の間には、椎間孔という穴がある。いわば背骨の隙間といえるもので、幹線道路の椎孔を通って来た神経は、それぞれに定められたこの椎間孔という穴を出て各自の持ち場と連絡をしている。 だから、背骨がズレてくるとこの椎間孔が狭められるために神経の出入り口が塞がったり、椎間板が飛び出したりして、神経を圧迫することになるのだ。結果はもちろん、その神経が支配する各器官の機能障害となって現れる。その最初のシグナルがいわゆる’’痛み’’なのだ。

神経は、内臓から指先まで体をくまなく支配しているだけに、ちょっとした圧迫が加えられても、その神経が担当する部位に異常をもたらす。これが病気である。病気といえば皆さんは感染、ストレス、不摂生そのほかいろいろな原因を考えられるだろうか、神経の圧迫に起因するものが多いということを不思議にご存じない。生活環境が悪くなったせいか、現代では骨のズレ、神経の圧迫による病気が従来の要因を上回るほど多くなっているのに、である。

病気というものは、その原因を取り去らない限りけっして治癒しないもの。神経圧迫による疾病ならわたしたちの領域であるが、ガンであればその専門医でないと手が付けられない。要は、最も的確な療法家を患者が選ぶことが重要だ。方向を誤っていくら通ったところで、誤魔化しの療法しか受けられないのであるから、いつまでも治らないというのは間患者の間違った常識による罪ともいえるのである。

話は少し横道にそれたが、病変を招くこいうした神経の圧迫を取り除いて、しんけいが正常に働けるようにすることで、その人の持てる自然治癒力を最大限に引き出してやること。これが真のカイロプラクティックあり、わたしたちが提唱する『KCS療法}なのだ。

皆さんが一度、わたしたちの施術を受けるとまるで奇跡のように言うのは、それまでいかに間違った常識の中に浸っていたかということで、現実には神経が圧迫されているのに、それと無関係な治療を続けてきた反動なのだ。わたしたちの施術の正体を明かせば、このとおり何ということもない。ただ、適切な療法だったというだけのこと。

もちろん、わたしたちでは手に負えないものもある。例えば、いくら初期のガンだといっても、ガンにはガンに対する正しい対処の仕方というものがあるわけで、わたしたちが傲慢にもこれを治療しようというのは誤りだ。同様に神経圧迫が原因の病気であれば、これはわたしたちの舞台である。このようなことを見極めるのが本当の治療ではないだろうか。

(痛みは体のSOS 参照)セラピスト川原

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.28  『KCS療法』は痛みをとるだけが目的ではない

創始者パーマーが発表したカイロプラクティックの中心は、『神経圧迫論』であり。『KCS療法』もまた、骨格を調整することを大原則としている。

主に脊椎骨と骨盤の矯正をするけれど、その他の関節の矯正も行う療法と理解してもらえばいい。 骨は、骨格を保ち、バランスをとって自由に動くためなどいくつかの重要な役目をもっているが、この骨自体が微妙な均衡を保って成り立っているものだけに、時としてズレることがある。そして、このズレは、発生した部位によって全身のさまざまところに障害を引き起こす。痛みだって出てくる。

もちろん、ズレた骨を正しく戻せば障害は消え去り、原因が取り除かれる結果、痛みも当然無くなるわけだが、厄介なことに、人間の骨がズレる方向というものはいろいろな変位をもっていて、機械でこれを調整することは出来ない。ここに、人間の’’手’’による療法の必要性があり、カイロプラクティックが存在する。

カイロプラクティックは一般に《脊椎手技療法》と呼ばれているが、この点からすると《脊椎手技矯正療法》と呼ぶほうが、『KCS療法』の施術の内容をより正確に表しているかもしれない。

それはともかく、誤解してもらいたくないのは、『KCS療法』が’’痛みを除く’’ためのものではないということだ。詳しいことは追い追い説明していくが、つまりは正しいカイロプラクティックの施術を受けると結果としていたみがとれるのであって、痛みがとれることと病気が治ることとはまったく別のことなのだということを、最初にわかってほしいのである。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.27  薬も注射も治せない

薬など頼るすべがないのに、自己の力だけで傷を癒す、動物たちの回復力の凄さをご存じの方は多いでしょう。 人間にも、あのような自然に回復する力があります。これを『自然治癒力』といいますが、文字どおり自然に治そうとする生命力の輝きのようなもので、誰もがもっているものです。 わたしたちが傷ついたり病気になった場合、この力なくしては、とうてい治ることは出来ません。

医学は人類の幸福のために築き上げられ、今日まで発展してきました。いわば、健康をサポートする科学なのです。

ところが、皮肉なことに、科学が 進歩するにつれて、宇宙が与えてくれたこの大きな力を忘れ、すべてを科学に任せる風潮が広まってしまいました。「病気は医者が治してくれる」という考えなどは、その代表的な例です。 しかし、これは大変な間違えなのです。薬にしろ注射にしろ、あらゆる医学は『自然治癒力』をサポートするためにあり、けっして、薬や注射が病気を治すのではありません。治そうとする力がより大きく発揮されるように介添えをしているわけで、’’治る’’という最後の仕上げは『自然治癒力』が行います。

つまり、病気は、あなた自身が治さなければならないものなのです。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.27  側弯症を起こす原因

① 骨盤のズレによって両足の長さが違ってきたために、脊柱がバランスをとろうとして起こる。

② 悪い姿勢が長い習慣になったために起こる。

③ 背筋や腹筋のマヒによって起こる。

④ 先天性あるいは後天的な脊椎の形成異常で起こる。

⑤ 強烈なストレスで起こる。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.24  お母さん、学童に多い側弯症に気をつけて!!

正しくは『脊柱側弯症』といい、直立したときに脊柱が側方へ弯曲している異常な状態。神経圧迫とともに直接内臓を圧迫するほどひどいものもあり、変形性脊椎症に進むことが多い。筋肉も骨も出来上がりつつある成長期に結構多い病気で、若いときになった場合は目立って進行が早い。

人間を正面から見て、縦に体を二分する線を’’正中線’’と呼ぶが、正常な人は、頭骨から尾椎までが真っ直ぐにこの線上を通っており、左右の膝関節間の距離や踵骨(カカトの骨)間の距離も、このラインをはさんで対称になっているものだ。

しかし、脊柱がバランスを失うと、体重の分布は正中線に沿って配分されていても、骨自体は失ったバランスを取り戻そうとしてS字状に曲がってくる。

傾向としては胸椎は右側に、腰椎は逆に左へ弯曲することが多い。そして、弯曲が大きくなると、体はなおその状態でバランスをとろうとするから、首か膝が悪くなってくる。

腰痛にしても骨盤がずれて起きる原因の一つとしては側弯症だということが出来るだろう。もし、側弯症と診断されて、弯曲の角度が20度くらいまでだったら、この段階で矯正を受けた方がよい。 矯正の手段がないために『自然回復しますよ』と言って放ったらかしにしてるというのが現実だが、この角度になってしまって、しかも、一定の年齢を超えた患者が自然回復することは、まずない。一般には20度以上になるとブレースで固定することになる。

もちろん、部分的に膝が悪いなどというものではなく全身的な問題になっているわけだから、ブレースも、全身が対象になり、四六時中無理矢理固定しようとするもので、寝ているときにもはずすことは出来ない。まるでミイラだ。ここに、別の問題が出てくる。 ご存じのように、骨は睡眠中に新陳代謝や骨の成長をするものだ。この時間にホルモンの代謝が起こるからである。

だが、’’固定した状態を続けて、骨がある程度正常に近くなるまで様子をみる’’もので、当然何年単位という長い時間が必要になってくる。成長期の人間を型に流し込んだように固定してしまうとどうなるか。考えるまでもなく、肋骨の成長不全などのようにいろいろな成長障害を起こす。これは大変なことだ。 人間の体というものは、けっして’’障害が出るのが当たり前’’という環境に置いてはいけない。

私は皆さんに、常識と正しい知識は必ずしも一致しないことを知ってほしい。 常識とは、その時代の人々がもっている知識とか判断力などで、一般には時代によってレベルがあり、そのために、真に正しいものに到達するのに時として時間がかかるけれども、人間の体にとって正しいものは不変なのである、時代が進み意識のレベルが上がっていくにつれ、わたしたちはどれほどたくさんの’’常識’’を修正してきたことか。 たった一つしか存在しない自分の体だからこそ、常識よりも正しい知識を習得する努力をしていただきたいのである。そうすれば、骨がゆがむとギブスなどという安易な考え方は無くなるだろう。

脊椎の傾きが40〜45度にもなってしまうと、悲しいことだが手術に頼らなければならないこともあるから、ひどくならないうちに正しい療法を受けることが大切で、骨盤の調整で治る場合があることも知っていただきたい。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

 

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.24  変形性膝関節症

関節症のなかで、関節軟骨の変性によって起こるものを『変形性関節症』といい、この状態が膝に現れた病気が変形性膝関節症である。膝のほかにも股関節や肘などの大きな関節に起こり、加齢性疾患の一つである。

膝の場合には『O脚やX脚』に遠因があることが多いといわれているけれど、骨盤に問題のある場合がある。  仰向けに寝かせたとき、骨盤が正常な人は両足のふくらはぎの裏が床についているものだが、下肢と骨盤の関係がズレていると片方の足だけが開いて、その下肢のふくらはぎの側面が床につく格好になる。    これは、O脚がX脚とは関係なしに、下肢と骨盤のズレによって片方の下肢全体が外に開こうとするからなのだ。 しかし、この人が歩く場合、片足だけが開いたままでネジれて歩くのだろうか。そんなことはない。歩くときは補正して真っすぐになって歩こうとするのである。 これは、立ったから体のネジれが無くなったわけではなく。下肢全体でネジれを矯正しているためにふつうに歩くことが出来ているのだ。

下肢と骨盤の関係がズレていると足の長さが違ってくるので、当然、体は傾く。そこで体を起こしてバランスをとろうとすれば、膝は、自身がネジれることによって体全体のネジレを調整しようとするのである。

変形性膝関節症はこのように、本当に膝だけの原因から起こることよりも、骨盤がズレたりしたために、全体のバランスの中で膝がそのギャップを取り除かねばならなくなって起こるのである。

つまり、変形しなければならない、ネジレなくてはならないという状況に膝が追い込まれ、大変な無理を強いられているのだ。 こうして、骨盤がズレている人は、膝にネジレを作りながら日常の生活をしているために、その積み重ねによって膝の変形を招いてしまう。

だから、膝がおかしいと思ったら、股関節、骨盤にも注目して検査を受けてみることで、この部分に起因するものであれば、その矯正も考慮する。

変形性膝関節症は、膝そのものの原因で悪くなっている場合もあるが、以上で述べてように原因が股関節や骨盤にある場合があるので、わたしが診断する場合には骨盤のズレも診ることにしている。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.24  骨盤がズレると、どうなる??

左右の足の長さが、不揃いになる

体を動かすときに重力の中心になるところを重心点というが、これは仙椎の2番の前方にある。つまり、骨盤内にあるわけだ。

だから骨盤は、すべての動きの根幹ということになる。 もっと正確に言えば、仙椎の3番あたりにある’’仙腸関節’’の動きこそが、わたしたちが稼働するときのいちばん根本の動きになるのである。

これほど重要な部分だけに、骨盤がねじれると、これから述べるようにわたしたちの体は実にさまざまな障害に見舞われることになるのだ。

そして、この骨盤のズレは、もちろん男女を問わない。

ここで老婆心までに念を押しておきたいことがある。たしかに、腰から下の異常のほとんどは骨盤を正しいポジションに戻せば矯正出来るのだが、あなたがその状態を維持する努力を怠ったら、たちまち元の黙阿弥になるということである。

完全に治るか、再び専門家の門を叩くようになるかは、すべてあなた次第なのだ。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.24  脊椎すべり症

分離症がひどくなって起こる場合が多く、これを『分離すべり症』という。  脊椎後部が前後に分かれてしまったために、歯止めが無くなって滑り出すもので、ひどい場合は、脱臼したような状態になる。 座骨神経その他の神経障害を起こすことも多い。  すべり症には、このほかに『無分離すべり症』というタイプもある。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト 川原

 

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.21   姿勢教室 8月基礎セミナー IN 四日市

日本姿勢科学学会による、生涯に渡って役立つ内容は、本格的に学んでみたい方にぴったりです。技術取得に興味のある方や健康維持・予防に関心のある方は、ぜひご参加ください。

開催日 8月3日(水)     時間 9時30分~16時

会場  勤労者市民交流センター 東館

持ち物   動きやすい服装、筆記用具    参加費 10000円 (昼食込)

連絡先 KCSセンターいなべ 0594-84-0588

基礎会長2.JPG

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.21  骨と病気は、こんな深い関係にある

 骨のズレ、ひずみが多くの病気を引き起こす

 病気といえば、いまだに、病原菌、不摂生、食事の誤り、運動不足などが原因だと思っている人が多い。         しかし、病気は、従来から信じられてきた原因だけで起こるのではない。それだからこそ、治らない、治らないと嘆く人が増えてくのである。

 例えば心身症は、心理的な要因が大きく影響していることがようやくわかってきたころだし、ストレスと病気との関係ぐらいは、たいていの人が理解出来るようになってきた。どちらの場合も、その対処をしなければ治らないことはご存じだろう。

 だが、骨のズレが病気に深く関わっていることを、いったいどれほどの人が知っているだろうか。        無知な人は、胃が悪ければ’’胃そのもの’’が悪くなたっと考え、少し水準の高い人は、「ひょっとしたら、ストレスが原因かも?」と自分の生活を振り返る。しかし、そこまでがやっとだ。まさか、骨がズレて神経を圧迫しているために悪くなったのだとは思いもつかないのである。

 ここではっきり言っておこう。骨のひずみは、実に多くの病気を引き起こすのである。 何度も言うように、体は神経によって正常に保たれるようにコントロールされている。 その神経は、骨の隙間から出ているから、骨がズレると圧迫され、重要な機能が非常に低下する。こうなると、生涯を受けた神経の支配下にある器官では、正常な活動を営むために必要な物資が届かないとか、これ以上送られては困る物資がどんどん入ってくるような状態になる。そして、器官の正常な働きは阻害される。これが病気なのだ。

 このように、骨と病気は密接な関係をもっているために、「KCS療法」では骨を矯正することで病気を取り除いているのである。 病気によっては、頚椎から腰椎までの矯正が必要なものも、ある特定の部分を重点的に矯正するものもあるが、どのような組み合わせになるかは、問題の器官に関わっている神経の配分によるわけだ。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

tc3_search_naver_jp23.jpg

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.21  脊椎分離症

 人間の仙椎は前方に35度の傾きをもっており、おまけに、その上に連なる腰椎は前弯している。       この構造ゆえに腰椎は、上からの力が加わるとどうしても前方へ強く弯曲しようとするのだ。

 こうして、上下の脊椎の関節突起間部で椎弓に亀裂が出来て、椎骨が前方の部分と後方の部分に分離する。これが脊椎分離症である。 分離した部分の椎骨が不安定になるため、関節がズレたり神経が圧迫されて痛みも出てくる。  腰椎の5番、4番の順で多く発生するけれど、3番や2番に起こる場合もある。

 腰椎は常に上から圧迫に耐えなければならない宿命を背負っているのだから、もっといたわりが必要だ。体にとって本当のいたわりとは、正しい知識に裏打ちされた健康的な生活だということが出来るだろう。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

GUM13_CL08030.jpg

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.05  椎間板ヘルニア

ヘルニア』は、ドイツ語で『飛び出した』という意味。だから、椎間板ヘルニアは、椎間板が飛び出したということだ。

 椎間板は、連なっている椎体の間にあって、生理彎曲とともに体のクッションの役割を持っている。 

 骨だけの場合でいうと、椎体にかかった圧力はこの椎間板で分散されたうえで、次の椎体に伝わるのだ。

 組織は繊維軟骨性で、髄核と呼ばれる中心部の周りを線維輪が取り囲み、さらにそれを上下で軟骨板が包んでいる。

 何かの具合で椎間板が損傷を受けて変性が起きやすくなっていたり、線維輪に亀裂が入ると、そこへ圧力が加わった場合に、線維輪、続いて髄核がそこから脱出して神経を圧迫するために、強い痛みを起こす。これが椎間板ヘルニアである。

 もっとも、椎間板ヘルニアの原因はこれがすべてではない。骨のネジレがひどくて(とくに、前弯の場合)椎間板そのものが変質して起こるケースも多いのだ。これはまさに、骨をゆがめてしまったために起こる病気だといえる。

 腰椎がゆがむと、中の椎間板が変形した状態で圧力を加えられるから、力の弱いところへ飛び出すというわけだ。

 椎間板ヘルニアは主に腰椎の4番と5番の間、腰椎の5番と仙椎の間に起こるが、頚椎に起こることもある。

 腰椎は、加重がかかると前方に行こうとする動きと戻ろうとする動きが出てくるが、体の要ともいえる腰椎の4,5番は、とくに大きな可動をもつために傷みやすいのである。

 腰椎で起きた場合、髄核が後方の脊柱管にはみ出すのがいちばん厄介で、神経根や馬尾神経そのものを圧迫・刺激するために腰痛や腰の曲げ伸ばしの苦痛以外にも、坐骨神経、足の筋力低下、馬尾神経マヒなどを引き起こす。

 頸椎で起きた場合には、頸髄圧迫によって上肢の神経障害ばかりではなく、下半身にまでマヒ症状を及ぼす。さらに、排尿、排便障害まで伴う場合がある。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

IMG_NEW.jpg IMG_NEW_0001.jpg

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)
2011.07.05  腰椎がゆがむと、どうなる?

ギックリ腰は、’’重い物を持ったからなる’’とは限らない

 腰椎がネジレると起こる代表的な障害がこれである。

 骨がズレて神経を圧迫するというのは物理的なものだから、加わる力が骨の動く方向に揃ったら、わずかな力でも骨はズレてしまうのだ。べつに重たい物を持たなくても、クシャミひとつでなることもあれば、振り向いた瞬間に起こることもあるということである。

 ただし、ギックリ腰を招くのはそれなりの下地というものがあるわけで、骨の正常な人がいっぺんにギックリ腰を起こすことは滅多にない。たいていの場合、ギックリ腰を起こす人は、ある程度の腰椎のネジレを抱えていた挙げ句、ここに至ったのである。

 つまり、小さな痛みをずっともっていた人が、たちまちちょっとしたことが引き金になって大きなズレを起こすのだ。

 わたしたちは通常、ふつうの腰痛というものも『小さなギックリ腰を何回かやっている』というふうに考えている。だから、本物のギックリ腰を予防するには、たとえ小さなことであっても、腰痛を起こさないようにしなければならない。

 ギックリ腰になり、骨がズレて神経に当たると、例えば坐骨神経痛などが出てくるが、根治させるためにはズレた骨をもとに戻してやることが必要だ。

(痛みは体のSOS 参照)  セラピスト 川原

gikkuri.jpg

投稿者 KCSいなべ | PermaLink | トラックバック(0)