トップスタッフブログ>正しい座り方、悪い座り方

スタッフブログ

2011.06.14  正しい座り方、悪い座り方

イスが高すぎると、腰椎の前弯がきつくなり、低すぎると後弯傾向になります。どちらも背骨にとって悪い姿勢。 イスが高い場合は脚を組むと良く、腰椎前弯がゆるむので、骨も筋肉もラクになります。 

 イスが低すぎるときは浅く腰を掛けて膝を立てましょう。こうすると骨盤や筋肉の負担が減るのでラクになり、しかも、美しく見えます。脚を伸ばしていると、どうしてもC型姿勢になってしまうので、常に注意が必要。

 また、どちらの場合も、背筋はピンと伸ばしましょう。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト川原

110614_1105~01.jpg 110614_1115~01.jpg

投稿者 KCSいなべ (11:09) | PermaLink

TrackbackURL :