トップスタッフブログ>こんなに多くの関節が動く!!

スタッフブログ

2011.06.08  こんなに多くの関節が動く!!

肩を動かすときには、上腕肩関節のほかに以下のような多くの関節が関わってきます。

肩鎖関節 (肩甲骨と鎖骨を結ぶ)   胸鎖関節 (胸骨と鎖骨を結ぶ)

胸肋関節 (胸骨と肋骨を結ぶ)    椎肋関節 (椎骨と肋骨を結ぶ)

とくに、腕を水平から上に上げるときには、肩だけの動きではなく、肩甲骨だとか鎖骨などの関節の、わずかずつの動きに呼応しているわけです。

ですから、どこかの関節に異常があったり、あるいは、付帯している筋肉に異常があると、水平以上に腕を上げようとするときに動きが困難になります。この状態が慢性化したのが『四十肩』 『五十肩』 で、急性に起こることが少なくありません。

これは、上腕肩関節(いわゆる肩関節)や、上に上げる筋肉の調整ではよくならないもので、共同作業を営んでいるすべてに対して調整をする必要があります。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト 川原

GUM05_CL01047.jpg

投稿者 KCSいなべ (09:06) | PermaLink

TrackbackURL :