トップスタッフブログ>肩こりは頚椎のゆがみから・・・

スタッフブログ

2011.05.29  肩こりは頚椎のゆがみから・・・

katakori1.jpg

首の骨がネジレたりゆがんだりして、神経に圧迫が加わると、神経障害が起きて痛みが出てくる。

これをまぎらわせようとして肩を叩くというような刺激を加えすぎると、今度はその部分が鬱血を起こす。

 これが習慣性になってくると、常に鈍いコリ感を伴うようになり、肩こりの一番大きな原因を作ってしまう

ことになる。

 首筋から肩にかけて痛みがある場合には、まず頸椎の異常を疑う必要があり、間違っても肩を叩くような

急激な対症療法を選んではならない。骨を矯正することが根治への最短コースなのだ。

 肩こりの原因の中で、次に大きなウェートを占めているのは、姿勢の悪さである。

 肩の関節は、どの関節よりも運動範囲が広いだけに、筋肉にとっても疲労・消耗が激しい部分だから、

特定の筋肉ばかりを酷使したり、悪い姿勢でアンバランスな状態を続けていると肩こりを訴えるようになる。

心身をリラックスさせ、常に正しい姿勢を心がけることが大切。

 悪い姿勢は、骨のズレとも深い関係があって、姿勢によって骨がズレることも、骨がズレているために

姿勢が悪くなることもある。

 大事な肩を守るためにも、くれぐれも姿勢にはご注意を。

(痛みは体のSOS 参照)  セラピスト川原

 

投稿者 KCSいなべ (18:37) | PermaLink

TrackbackURL :