トップスタッフブログ>頸椎から起因する痛み 顔面神経まひ

スタッフブログ

2011.05.09  頸椎から起因する痛み 顔面神経まひ

顔がゆがむ病気の代表的なもので、末梢性です。原因の多くは不明ですが、 風邪に続いて起きたり、クーラーなどの冷気に長い間さらされたあとに起こったり するほかに、強いストレスや骨のズレによる神経の圧迫によってなることも多くあります。

 片側の顔の筋肉が突然マヒして顔の左右が非対称になる、マヒした側のまぶたが思うように ならない、口をとがらせたり頬をふくらませることが出来ない、といった症状を示しますが、味覚の異常を訴えたり、口角からよだれが垂れることもあります。

ひたいにシワをよせることが出来なくなるのも特徴で、脳卒中などで起こる中枢性の 顔面マヒと区別が出来ます。

(痛みは体のSOS 参照) セラピスト 川原

 

 

 

投稿者 KCSいなべ (13:44) | PermaLink

TrackbackURL :