トップスタッフブログ>スポーツをする人や、運動機能が低下した方へ

スタッフブログ

2011.05.07  スポーツをする人や、運動機能が低下した方へ

 脊髄神経の機能が低下すると、当然、運動の機能も低下してくる。

もし、首に問題を抱えた人だと、握力が落ちた、指の動きが鈍くなったと嘆くだろうし、

問題が腰にあれば、歩きにくい、足が思うように上がらないと悲しむ。

どちらも、運動をつかさどる神経が十分な機能を果たせなくなって起こる。

「最近、つまづいて転びやすくなったわ」とか、『物を落としやすくなったよ」

といったことに心当たりのある人は、根っこの神経が圧迫されている可能性が大きい。

圧迫をとる治療を受けるのと並行して、リハビリテーションで筋肉の回復を図るとよいだろう。

 神経を圧迫する骨のズレは、いつでも、誰にでも起こる可能性のあるものだが、生活環境や

その人の習慣に問題がある場合、あるいは、激しいスポーツをやっている人は、とくに注意が

必要である。

 これからの長い人生をさわやかに生きるためにも、この機会にぜひとも骨の健康管理に真剣に

取り組み、ひどくならないうちに治療を受けることを奨めたい。

(痛みは体のSOS 参照)  セラピスト川原

 

 

 

投稿者 KCSいなべ (12:49) | PermaLink

TrackbackURL :