トップスタッフブログ>頸椎に起因にする痛み メニエール病

スタッフブログ

2011.04.23  頸椎に起因にする痛み メニエール病

メニエール病

 

昔は、めまいは脳の病気から起こるとされていました。

しかし、フランスの医師 メニエールが、内耳の疾患からもめまいが起こることを発見して以来、ひどいめまいでいろいろな症状を伴うものをまとめて、メニエール病と呼んでいます。

もちろん、内耳に原因がある場合もあるのですが、本当のところは、まだわかってません。

 

現在では、ストレスが大きな誘因だと考えられていますが、骨のズレを正してやると治る場合があるのも事実で、骨格のひずみも主要な原因の一つだといえます。

昔はよく脳卒中と間違われたほど症状が激しく、回転性のめまいと、平衡感覚の障害、耳鳴り、難聴、吐き気(医学用語では‘‘悪心‘‘とよびます)や嘔吐を伴う発作が突然起こり、数時間から数日続くことがあります。

繰り返して何度も起こるタイプは、それにともなって内耳の機能がだんだん低下し、難聴が進行します。 難聴は片方の耳だけに起こるのがふつうです。  (痛みは体のSOS 参照) セラピスト 川原

投稿者 KCSいなべ (09:25) | PermaLink

TrackbackURL :