トップスタッフブログ>田原啓至くん

スタッフブログ

2010.12.24  田原啓至くん

たばるん.gif 向かって右側のライダーさんが田原啓至くんです、2006年にモリワキクラブに入って鈴鹿選手権GP125,2007年にGP125からST600に乗り換えて2008年に鈴鹿選手権&ウエストチャレンジカップST600参戦、2009年鈴鹿四時間耐久ロードレース優勝、鈴鹿選手権ST600シリーズチャンピオンの経歴を持っている方です。直接、あったのは10月のNGK杯の時にモリワキパドックにいて尚護くんに紹介してもらったんだったけなぁ・・・・記憶が曖昧ですが・・・田原くんは今、全日本レース復帰と参戦に向けて毎日リハビリを頑張っています。お会いした時も松葉杖を片手にモリワキクラブのライダーのレースを真剣にパドックから観てました、確か・・・全日本最終レースの時にも挨拶したような・・・山口辰也選手に紹介しもらったような・・・はれ・・・?物腰の柔らかい方でキャラクターでいったら<ウサビッチ>に似ていると・・・尚護くんが・・・言われてみるとそんな気がしなくもない・・・田原くんのブログもあるんですけど、コメント欄に書き込むとマメに返信をしてくれるんですよ、院のHPの事も知らせてあるのできっとこれを見て笑ってくれているでしょうか・・・? たばるん(2).gif この画像たちも田原くんのブログ画像からいただきました。どんな怪我をしてもまたバイクに乗るために奮闘する、それだけバイクが好きなんだな、ってしみじみ思うんだけど、私が今こうして元気でいられる要因の中でバイクの存在はとっても大きい。山口辰也さんを通しても交通安全の仕事でかかわらせてもらったり、モリワキエンジニアリングを知ってサーキットに行けばすぐに気付いてくれる、そこにいる皆がとっても優しくて明るくて私はとっても救われています。院で身体の治療をしてもらってきて、バイクは心に元気をくれる切っても切れない存在です。でもとっても危険の多いレースだから私は治療家として関わっていきたいのが夢です。今、こうして生きている事が不思議と言われる事故に遭ってこうしているということは、何かまだする事があるから生きているんだな、と思います。だから、やらないままで消化不良で終わるのは絶対にしたくないですね。生きていれば良い事も嬉しい事も嫌な事も辛い事もいっぱいある、だけど、生きているんだから大丈夫、生きていなきゃ味わえない事ですもんね、人には変えられるもの2つと変えられないものが2つあるんですって、それってなんだと思いますか?私はそれを両方聞いてその通りだと思いました。聞けば当たり前の事なんだろうけど、実は大切なものは当たり前の中にあるんだなって。答えはまた今度書きましょうかね・・・(笑)それまでに考えてみてくだされ!

たばるん(3).gif また田原くんのこの姿が見られる日を信じて待ってます!

セラピスト松山でした。

投稿者 KCSいなべ (12:00) | PermaLink

TrackbackURL :