トップスタッフブログ>2010.鈴鹿・近畿選手権シリーズ、最終戦、第46回NGK杯・鈴鹿サンデーロードレース

スタッフブログ

2010.11.29  2010.鈴鹿・近畿選手権シリーズ、最終戦、第46回NGK杯・鈴鹿サンデーロードレース

昨日、鈴鹿サーキットでサンデーロードレース最終戦が行われました。今大会、モリワキクラブより、鈴鹿・近畿ST600クラスに<宮嶋圭毅>選手、鈴鹿インターカップST600に<藤島翔太>選手が参戦。当日、早朝冬空の朝、気温13度、湿度50%の中、宮嶋選手の決勝が9時30分にスタート。

miya1.jpg 今回もモリワキのパドックから観戦させていただいて、カッコいい走りをじっくり観せてもらいました。

宮嶋選手トップを独走で走るからピット内で観ててもモニターに映らないんですもん、2番、3番争いの時にほんのわずか、かろうじて映るぐらいで、どこにいるのか分らないくらいで・・・グランドスランド前を通過の時に音でわかるぐらい・・・そしてトップ独走のままチェッカーフラグを受けて見事、表彰台を獲得!!!!

 

おめでとうございます!!!

miya2.jpg

そして、午後3時に鈴鹿インターカップST600に参戦する藤島選手のレースがスタート。セカンドグリッドスタートの藤島選手は、1コーナーでトップに立ち3周目には2分15秒737のコースレコードを更新しながら周回を重ねて、結果、2位と13秒286の差で優勝を飾りました!!!

 

おめでとうございます!!!

fuji1.jpg fuji2.jpg

今回の結果により、鈴鹿サーキットの国内エリア/全日本のコースレコードは今年度モリワキクラブのライダーが塗り替えるという結果で今シーズンを終了しました。サーキットっていいですねぇ・・・当日は朝8時前にはサーキットにいたんですけど、冬の朝で寒かったけど空気がピリッとしてて気持ちいいんですよ~駐車場からパドックまで全力疾走して息が切れたのはいうまでもなく・・・(笑)今回、尚護くんに紹介していただいて藤島選手とも色んな話ができて楽しかったです。全日本JSB、ST600のシリーズチャンピオンの山口辰也選手も当日来られてライダーにアドバイスをしたり、あちこちへと忙しそうでした・・・サーキットに来てバイクの音を聞くのが大好きです。大袈裟かもしれないけど生きてて良かった~って思うんですよ(笑)

セラピスト松山でした。

 

 

投稿者 KCSいなべ (14:42) | PermaLink

TrackbackURL :