トップスタッフブログ>どこに行ってもめまいが改善されない方へ

スタッフブログ

2010.10.01  どこに行ってもめまいが改善されない方へ

最近来院された20代男性。めまいがひどく、立っているのもやっと。

めまいは更年期の女性に多いのが現状ですが、若い世代でもめまいに悩みを持っている方が最近増えてきています。めまいがある方の共通点は、ずばり生理彎曲がないこと

 

生理彎曲とは、人間が二足歩行し、身体にかかる負荷を分散させるために必要なS字カーブのこと。

特に、めまいを発症する場合、頚椎がまっすぐな場合が多く、殆どのケースが頚椎のカーブを回復させることで、めまいが改善いたします。

 

ストレートネックといって、頚椎を横から見た場合にまっすぐ、あるいは、適切なカーブがない、という方はそのまま放置しておくと、めまいの原因になるばかりか、肩こり、頭痛を引き起こしてしまいます。

ストレートネックは、レントゲンを撮影すれば、わかりやすいですが、病院では外科的に異常がないので、「特に異常なし」という診断になることが多いのが現状です。

 

姿勢改善、姿勢療法はKCSセンターへ。どこに行っても、めまいの原因がはっきりしない、という場合は姿勢が原因になっていることが多くありますので、まずはお気軽にお問合せくださいね。

KCSセンター院長 後藤まい子

 

投稿者 KCSいなべ (19:55) | PermaLink

TrackbackURL :