トップスタッフブログ>偏頭痛もちですが、治るんですか?

スタッフブログ

2010.03.20  偏頭痛もちですが、治るんですか?

 頭痛のメカニズム

意外に多い悩みが頭痛。

そして、多くの方が、頭痛を持病のように諦めている方が多いのです。また、毎日頭痛薬を常備している方も多いのです。

頭痛は、精神的にもまいってしまうので、治るものなら治したい!!というのが本音ではないでしょうか。

 

頭痛にはいろんなタイプがあるのですが、一般的にあるのが血流が悪いことから起こる頭痛。それで、少しでも頭痛を軽くしたいがために 血流をよくする薬や、温泉につかったり・・・・とイメージするかと思います。

しかし、それでは対処療法といって、その場をしのぐだけで、頭痛の再発を防げません。

 

では、なぜ血流が悪くなるのでしょうか??

頚椎(首)には頸動脈といって、大切な血管があり、それが頭のほうへ酸素つまり血を送っています。しかし、頚椎が歪んだり、正常なカーブ(生理彎曲という人間が本来持つ骨格のカーブ)を失っていると、血流も悪くなり、また神経を圧迫したりすると結果、頭や手や肩がしびれたり・・・・。

 

頚椎を正常に戻してあげれば、血流がよくなり、結果的に頭痛が改善されていきます。たった1回の施術だけでもかなりの確率で頭痛が改善されますよ!!あとは、定期的にケアして良い姿勢が保てるようにすることで、頭痛になる原因そのものがなくなりますよ(^^)

左写真/正常なカーブを失った状態(まっすぐではダメなんです)                            右写真/正常なカーブをもった状態

201003201051000.jpg 201003201053000.jpg

投稿者 KCSいなべ (10:40) | PermaLink

TrackbackURL :