トップスタッフブログ>テニスクラブ姿勢分析 結果報告

スタッフブログ

2010.03.05  テニスクラブ姿勢分析 結果報告

先日お天気の都合でのびのびになっていた、テニスクラブ強化チームのカイロプリントの結果を、チーム生とその保護者に説明させていただきました。親御さんは熱心に耳を傾けてくださいました。

 

しかし、姿勢分析の結果はというものの・・・

スポーツ=健康 というイメージがありますが、決してそんなことはございません。テニスは回旋の動きが中心のために身体の中心軸がズレている子は回旋すればするほど、左右のバランスが取れなくなっていきます。また、左右どちらかに軸がぶれていると 回旋時に膝や足首などに負荷がかかり、膝痛や足首の痛みを引き起こします。

 

痛みが出てくるメカニズムは姿勢科学の分野からみて、ずいぶん明らかになってきました。しかし、実際は膝痛などの痛みが出たり、故障するまでは本人も周りも姿勢バランスが悪いことに気づいていません。姿勢バランスがくずれたのを放置すると、関節可動域が制限され、運動機能がスムーズにいかなくなります。そうすると、筋肉にストレスが生じ、故障につながります。

 

私自身ハンドボールで中学高校と過ごして、練習すればするほど、膝が痛くなり、またそれを我慢しては注射を打ち・・・という悪循環の経験があります。監督に気づかれないように、痛みがばれないようにしたものです。

 

強くなりたければ、姿勢をよくしよう!

うまくなりたければ、姿勢をよくしよう!

勝ちたければ、姿勢をよくしよう!

 

姿勢は正しいケアと、生活習慣の改善で必ずよくなります。是非、KCSセンターにご相談を☆

KCSセンターいなべ 0594-84-0588

投稿者 KCSいなべ (22:12) | PermaLink

TrackbackURL :